Facebookのタイムラインをおしゃれに

Facebookのプロフィールページはすべてタイムライン表示に切り替わりました。

うまく使いこなせている人も中にはいますが、依然としてプロフィール写真とはあまり噛み合っていないカバー画像を使っている方が多いように感じます。

確かに、自分でカスタマイズするのはちょっと敷居が高いかもしれません。

しかし、そうは言ってもタイムラインはFacebookにおける自分の「顔」!

できることならオシャレにしたい!

というわけで、今回は素人同然の著者でもできた、タイムラインを少しだけクリエイティブっぽくする方法を紹介したいと思います。

今回は上の画像のような、カバー写真とプロフィール画像を組み合わせる方法を紹介します

やり方

STEP1:確認

まず、これから作るタイムラインの全体像を把握するために、カバー写真とプロフィール写真のサイズをおさらいしておきます(ちなみにこのキャプチャ画像が「before」です)。

  • カバー写真850×315px
  • プロフィール写真160×160px
ちなみに、プロフィール画像はカバー写真の左端から26px右に移動した場所から、42px分だけ下に突き出しています

STEP2:カバー写真になる画像を用意

まず、背景として使用する一枚の画像を用意します。

上の写真のように、左下の部分をプロフィール写真として使えるようなものが望ましいです。

サイズは最低でも850×357pxのものを用意してください(できれば縦横ともに余裕があるものが望ましいです)。

STEP3:元画像を画像編集ソフトを使って開く

元画像を画像編集ソフトを使って開きます。

画像編集ソフトは、トリミングができて写真の上にサイズを図りながら図形を描けるものなら何でも構いません。

今回はWindowsの「ペイント」を使用しています

STEP4:プロフィール画像として使用したい範囲を図形で囲む

まず、図形描画ツールなどを使って、プロフィール画像として使用する部分を囲います。

描画中に図形のサイズが表示されるはずなので、正方形になるようにしてください。

今回は400×400pxの正方形にしました

小さすぎるとアップロードできないので、最低でも一辺が180px以上になるようにしてください

STEP5:カバー写真のサイズと起点の位置を求める

プロフィール画像のサイズが決定したら、次はカバー写真のサイズと起点の位置を求めます。

サイズと位置は、本来のプロフィール画像のアスペクト比(160×160px)に対する、先程囲い込んだプロフィール画像の倍率を求め、それをそれぞれの本来のアスペクト比に掛ければ求められます。

  • 倍率:(プロフィール画像の大きさ)÷160
  • カバー写真(幅):850×(倍率)
  • カバー写真(高さ):315×(倍率)

ちなみに今回は400×400pxの正方形だったので…

  • 倍率:400÷160=2.5
  • カバー写真(幅):850×2.5=2125
  • カバー写真(高さ):315×2.5=788(小数点以下は繰り上げ)

カバー写真のサイズが分かれば、次はカバー写真の枠を描画する際の起点の位置を求めます。

この起点がずれれば、プロフィール写真とカバー写真がずれてしまうのですが、位置を求めること自体は簡単です。

最初に言ったように、プロフィール写真はカバー写真の左端から26px右に移動した場所から、42px分だけ下に突き出しています。

なので、それぞれに先ほどの倍率を掛ければ元画像における起点の位置を割り出すことができます(写真のような白いブロックを作ると考えてください)。

  • ブロックの幅:26×(倍率)
  • ブロックの高さ:42×(倍率)

ちなみに今回の倍率は2.5倍だったので…

  • ブロックの幅:26×2.5=65
  • ブロックの高さ:42×2.5=105

STEP6:起点を求めるブロックを作成

先ほど求めた幅と高さにあわせて、写真のような白いブロックを作成します。

また、作ったブロックの右下の角とプロフィール画像を囲む枠の左下の角が重なるようにブロックを配置してください

STEP7:カバー写真の枠を描画

ブロックを作成できたら、次はカバー写真に使う部分の枠を描画します。

描画の際には、ブロックの左上の角とカバー写真の左下の角が重なる位置を起点にしてください

STEP8:カバー写真を切り抜いて「名前をつけて保存」

全てのサイズが決まったら、次は枠にそって画像をトリミングしていきます。

まずは、カバー写真の方からトリミングして、「名前を付けて保存」してください(終了はしないでください)。

プロフィール画像の枠は後で消えるのでそのままで構いません

STEP9:「Ctrl+Z」で作業を元に戻す

カバー写真の保存が終わったら、「Ctrl+Z」などで作業をプロフィール画像の枠しか引いていない時点まで戻します。

STEP10:プロフィール写真をトリミング

作業を戻したら、枠線に沿ってプロフィール写真を切り抜きます。

切り抜いたら「名前を付けて保存」してください。

STEP11:タイムラインに設定

最後に、それぞれの写真をアップロードし、カバー写真とプロフィール写真に設定すれば完了です。

さいごに

いかがでしたか?

これならあなたのタイムラインもクリエイティブっぽく見えるはずです!

ぜひ試してみてください。

レイヤー機能のある画像編集ソフトを持っている方

レイヤー機能のある画像編集ソフト(photoshopやGIMP)を持っている方は以下のダウンロード先からpng形式の画像を保存するとより作業が簡単になります。

元画像のレイヤーの上にリンク先の「枠」を重ねてトリミングするだけで、すぐにプロフィール写真とカバー写真を作ることができます。

比率さえ変えなければ大きさは変更しても大丈夫です

写真引用:インスピレーションを刺激する!Facebook新タイムラインのデザイン51選! | KAYAC DESIGNER'S BLOG - デザインやマークアップの話