はじめに

Googleカレンダーを使っている人は、Googleカレンダーに付属されている「TODOリスト」というものを使ったことはあると思います。

Googleカレンダーの右側に表示されるタスクリストなのですが、表示領域がせまく、なかなか快適に使いこなせませんよね。

できれば予定を管理しているGoogleカレンダーと一緒にタスク管理したいけど・・・。

そんなあなたにぴったりなのが今回ご紹介するワザです。Googleタスク(TODOリスト)を、Googleカレンダーの一部としてではなく、まるで独立したアプリのように使うことができます!

これを利用すれば、WindowsのタスクバーにGoogleタスクを常駐させて、いつでもタスク管理アプリのように使うことが可能です!

STEP1: Googleタスクを直接開く

Googleカレンダーの左側に地味に置かれているGoogleタスクですが、まずはこの機能だけでページを開きます。

Googleタスクのみを開くリンクはこちら
https://mail.google.com/tasks/canvas

上記のリンクをクリックすると、Googleカレンダーの隅のほうで表示されていたGoogleタスクが、Googleタスク専用画面で表示されます。

STEP2: Chromeでタスクバーにショートカットアイコンを作成する

Chromeでショートカットアイコンを作成する手順

Googleタスク専用画面を開いたら、その画面でショートカットアイコンを作成します。

''ショートカットアイコン作成手順:
ツールアイコン→ツール→アプリケーションのショートカットを作成''

「アプリケーションのショートカットを作成」をクリックすると、どのようにショートカットアイコンを作成するのか選択画面がでますので、「タスクバーに固定」を選択して作成をクリックします。

STEP3: タスクバーのアイコンから好きなときに立ち上げる!

ショートカットが作成できると、タスクバーに常駐させることができます。

アイコンもチェックマークのようでわかりやすいですね!

クリックをすると、別ウィンドウで表示されて、タスク管理専用のアプリのように使うことができます。

おわりに

どのタスク管理ツールを使ってもしっくりこない・・・。色々なところに情報が散らばってしまう・・・。どうにかGoogleで一元管理したい・・・といった人にはぴったりかもしれません!

タスク管理としての機能も充実しているので、是非試してみてくださいね!

(キャプチャ by 著者)