はじめに

Illustratorでは、オブジェクトを加工することができます。
この記事では、Illustratorでオブジェクトをハーフトーンにする方法をご紹介します。

この記事では「Adobe Illustrator CS2」を使用しています。

オブジェクトをハーフトーンにする

STEP1

オブジェクトを描画します。

STEP2

メニューの「効果」から「ピクセレート」→「カラーハーフトーン」を選びます。

STEP3

メニューが出てきます。「半径」は丸の大きさです。チャンネルは、全て同じ値にするとそのままの色、ばらばらにするとカラフルになります。いろいろな設定で実験してみるとよいでしょう。

設定が終わったらOKをクリックします。

STEP4

カラーハーフトーンになりました。

おわりに

応用として、塗りをグラデーションに設定したオブジェクトをカラーハーフトーンにすると、丸の大きさに変化がつきます。

また、線にも適用できます。

半径やチャンネルの入力値次第でさまざまな模様ができるので、いろいろ試してみてください。
(キャプチャ by 著者)