はじめに

秀丸」というテキストエディタがあります。仕事では必需品になっています。
今回は秀丸のマクロ機能を使ってナナピ記事を書く方法をご紹介します。

マクロの記録(F1)とマクロの実行(F2)

秀丸にはマクロという機能があります。
この機能を使うことで、ある操作を繰り返し実施することが容易になります。

マクロの記録

F1キーを押してから、もう一度F1キーを押すまでの操作内容を記録してくれます。

マクロの実行

F2キーを押すたびに、記録したマクロ(記録されている操作内容)を実行してくれます。

実践例

秀丸で文章の数か所をナナピ記法の太字に変換する方法を詳しく説明します。

①この記事の内容を全て秀丸に貼りつけます。

②太字にしたい場所を選択します。

③F1を押し、マクロの記録を開始します。

④「切り取り(Ctrl+X)」⇒シングルクォート2つ「’’」入力⇒「貼り付け(Ctrl+V)」⇒シングルクォート2つ「’’」入力と慎重に操作する。

シングルクォート2つ「’’」は半角です。

⑤F1を押し、マクロの記録を終了します。

このマクロは『選択された文字列の両サイドを「’’」で囲う』操作をします。

⑥あとは太字にしたい箇所を選択して

⑦F2を押す!

F2を押すたびにマクロが実行できますので、繰り返し操作も簡単です。

おわりに

マクロを上手に使用するとログの解析など大量の文字データを扱う時に多大なパワーを発揮します。
テキストエディタを有効活用して、仕事に活かして下さい。

関連記事

テキストエディタ「秀丸」で数字だけを一括で消す方法