はじめに

何と言っても、手持ちのものを売るのは、一番手っ取り早い小遣い稼ぎの方法だと言えるでしょう。

しかし、売る先によっては、あまりお金にならないと言うのも事実です。意外と高価でモノが売れる場所がネットオークションであり、上手にネットオークションに出品するポイントをいくつか紹介したいと思います。

ポイントその1:複数のネットオークションサイトに登録する

まず、ネットオークションを開いているサイトは一つではありません。ほとんどのサイトは無料登録できますので、試しに一通りに参加しておくのも悪くはないでしょう。

こちらのサイトで売れなければ、今度は別のサイトへ出品すると言う、使い回し出品ができるようになる訳です。

ポイントその2:出品物のチェック

自分のモノを出品する前に、同じ品物がすでにオークションに出品されてないか、事前にチェックしておく事は重要です。同じものがすでに他の誰かによって出品されていれば、その品物の人気度が分析できるからです。

もし、安い値段で、多数の人によって、出品されているようでしたら、あまり落札が望めそうにないので、最初から出品はあきらめた方がいいかもしれません。

それでも、出品して、落札の可能性を期待したいのでしたら、他の人よりも安い値段にしてみましょう。それだけでも、ぐんと入札率は高まるはずです。

ポイントその3:出品物の写真を付ける

品物の写真を貼付しておく事は必須です。それだけで、購入したい側の注目率や入札意識はぐんと変わります。

もちろん、新品に近い品物の方が落札される可能性は高いのですが、部分的に欠損や汚れなどがある場合は、その事もきちんと説明しておいた方が、誠実な印象を相手に与え、それでも納得して購入してもらえる場合があります。

たとえオークションでも「商売」なのですから、正直な取引を行なう事が大切なのです。

おわりに

なかなか売れない場合は、思いきって、10円、1円ぐらいまで値段を下げてみましょう。それでも売れないようでしたら、そもそも、その品物は購入希望者が居ないような品物だったのです。

そのような場合は、さっさとオークションでの販売はあきらめて、中古屋にでも売りに出してみた方がいいかもしれません。時には、中古屋の方が、誰も欲しがらない品物を意外と高値で買ってくれる事があるのであります。

(Photo by 足成