はじめに

あえて弄ったスペルを入力したいのにいちいちスペルチェックされるのは目障りです。スペルチェックされた文字は赤の波線がつきます。そんな自動でスペルチェックされる機能がPowerPointにはついています。

ここではWindows7とPowerpoint2010を使って勝手にスペルチェックされるのを防ぐ方法について解説します。

『ファイル』タブをクリックする

『ファイル』タブをクリックします。

『オプション』をクリックする

『オプション』をクリックします。すると『PowerPoint のオプション』が表示されます。

『文章校正』をクリックする

『文章校正』をクリックします。

チェックボックスのチェックを外す

『入力時にスペルチェックを行う』『文脈に応じたスペルチェックを行う』『スペルチェックの結果を表示しない』のチェックボックスのチェックをクリックして外します。

『OK』ボタンをクリックする

『OK』ボタンで『PowerPoint のオプション』を閉じます。

すると自動でスペルチェックされていたのが…

自動でスペルチェックされなくなりました。

おわりに

正しいスペルを入力したい場合は便利な機能になります。オンオフで切り替えることができるので上手に活用しましょう。

(Photo by 著者)