はじめに

電子書籍リーダーの楽天koboは、使う前に、パソコンに専用アプリをインストールしてセットアップする必要があります。

通常は、楽天の電子書籍「kobo」をセットアップする方法に従えばうまくいくはずです。

しかし、プロキシサーバーを通じてインターネットに接続している場合、STEP9(デスクトップアプリがインターネットに接続してセットアップを行う段階)で行き詰ってしまいます。

社内/学内ネットワークなどからインターネットに接続している人は、プロキシサーバーを経由している場合が多いでしょう。詳しくは「プロキシサーバー」って何のこと?をお読みください。

この記事では、プロキシサーバーを通じてWindows版のkoboデスクトップアプリをインターネットに接続する方法について説明いたします。

ここで解説するのはデスクトップアプリの接続方法のみです。kobo本体のWi-fiを、プロキシサーバーのある環境で接続できるかどうかは未確認です。

要約

デスクトップアプリのライブラリ画面で Ctrl + Shift + P を押せばプロキシ設定が有効になります。

以下ではもう少し詳しく説明します。

詳しい手順

プロキシサーバーを通じて接続している場合、セットアップの途中で「インターネットに接続してください」と表示されて、何度再試行しても先に進めなくなります。

STEP1

右上の「セットアップを中止」を押して、とりあえずライブラリを表示させてください。

STEP2

システムのプロキシ設定が正しくなされていることを確認してください。

正しい設定方法はネットワークによって異なります。知らない場合はネットワーク担当者に問い合わせてください。現時点で普通にインターネットに接続できていれば問題ないはずです。

STEP3

koboデスクトップ上で Ctrl + Shift + P を押してください。「プロキシは有効です」と表示されるはずです。

もう一度押すと、押す度に有効・無効が切り替わります。

STEP4

この状態で「電子ブックリーダー」のタブに切り替え、セットアップをやり直してみてください。これ以降は楽天の電子書籍「kobo」をセットアップする方法と同様に進行するはずです。

おわりに

プロキシサーバーの環境下で、koboデスクトップをインターネットに接続する方法を紹介しました。なお、この方法の有効性は koboデスクトップアプリ 3.0.1 ~ 3.2.0 で確認しています。

下記情報源によればこの方法は "experimental support" (試験的なサポート)だそうです。今後のバージョンアップにより仕様が変更される可能性があります。

このレシピは mobileread - Kobo WiFi & Battery をヒントに執筆しました。