はじめに

今回は写真の中のものを高速移動しているように加工する方法をご紹介します。

STEP1

Photoshopで加工したい画像を開きます

STEP2

なげなわツールで'高速移動させたいものを囲みます'。このとき、移動させたい方向に余裕を持たせて囲むと加工がうまくいきます。

STEP3

周りに選択範囲が作られるので、これを「編集」>「コピー」か「Ctrl+C」でコピーします。

STEP4

コピーをしてもまだ選択範囲が残っているので、そのまま「編集」>「ペースト」か「Ctrl+V」でペーストします。するとレイヤーが1枚追加されてペーストされます。

STEP5

この新しくできたレイヤーに「フィルタ」>「ぼかし」>「ぼかし(移動)」を適用します。

今回は角度を0°、距離を30pixels''にしました。

完成

とっても速く動いているように見えますね。

この加工はうまく作らないと、単に被写体をうまくレンズにおさめられなかったようにも見えてしまいますので、加工する対象を選ぶときにはご注意ください

おわりに

今回は動物をモデルにしましたが、オススメの加工対象は無機物です。普段動かないものが動いていると、面白く見えますよ。
↓例

photo by写真素材 足成