はじめに

iPhoneを買ったものの、詳しい人が周りにいない・・・という人もいるのでは?

そんな方のために、iPhoneを購入したら設定しておくと良い10ポイントをまとめました。

このレシピは、iPhone5(iOS6) を対象に書かれております。また、3GS以降のiPhoneにも対応しています。機種により、設定方法が若干異なる場合があるのでご注意ください。(おそらくほぼ同じで設定できるはずですが)

設定10ポイント

1.セキュリティ設定(10秒)

仕事で使うので、この項目は必須。iPhoneを開く時に、パスワードを要求させることができます。

  • メニュー>設定>一般>パスコードロック>パスコードを要求>即時

これを設定していないと、他の人がiPhoneの中身を見れてしまいます。

なお、ここで「簡単なパスコード」をオフにすると、4桁の数字ではないものも設定できます。より、セキュリティを強くできるので、心配な方は設定してください。

2.バッテリー残量を%表示する(10秒)

完全に充電されたかどうか、充電が必要かどうかを分かりやすくするために。

  • メニュー>設定>一般>使用状況>バッテリー残量率オン

3.キータッチサウンドを消す(10秒)

通常の携帯電話で言うところの、ボタン確認音に近しい項目です。ややnoisyな感じがするので、消しちゃいます。

  • メニュー>設定>サウンド>キーボードのクリックオフ

4.iPhone 壁紙の設定(10秒~ 除:画像を探す時間)

なんとなく、自分が好きな画像のほうがテンションあがりますよね・・・。笑

  • iTunesと接続>写真の同期>iPhone に戻り、写真>背景画像に設定したい写真をタップ>左下ボタンクリック>壁紙として使う

5.ブラウザでパスワードを保存する(20秒)

を使用する場合、毎度パスワードを要求されるのは非常に手間ですね。セキュリティは、①があるだけで、知らない人が使うことは少なくともないので、この項目は、ONにしてしまいます。

  • メニュー>設定>Safari>自動入力>ユーザー名とパスワードオン

6.iTunesアカウントの取得→設定まで(3分)

  • メニュー>設定>Store

から入れます。画面遷移にしたがって、アカウントを取得し、設定までスムーズに出来ます。

7.Googleから予定表/電話帳/メールなどを同期させる(3分)

  • メニュー>設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウントを追加>Exchange

8.Gmail以外のアカウント利用者の場合(各2分)

  • メニュー>設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウントを追加

より、各 必要項目がある場合は、一気に設定してしまいます。

9.メール署名を設定する(7分)

ビジネスユース、プライベートユースに関わらずメール署名は便利ですね。
デフォルトでは、なんの役にも立ちませんので、設定が必須です。

  • メニュー>設定>メール/連絡先/カレンダー>署名

10.カレンダーを日本の祭日にあわせる(3分)

Googleからも取得できますが、あえてiPhone上で設定します。

  • メニュー>設定>メール/連絡先/カレンダー>アカウントを追加>その他>照会するカレンダーを追加をクリック

サーバ欄に、『ical.mac.com/ical/Japanese32Holidays.ics」と入力。
大文字小文字を識別されるので注意が必要です。