はじめに

2012年7月25日からSoftBankがプラチナバンドと呼ばれる900MHz帯周波数を利用した携帯電話向けサービスを開始しました。

これによって、今まで繋がりにくかったところが繋がりやすくなり、iPhoneが今までより快適に使うことができる可能性が高まりました。

とは言え、ソフトバンクの孫社長曰く、「最初の1週間で数百局」とのことで、徐々に基地局を増やしていくかたちで当面は一部地域のみでのサービス提供となるようです。

現在のところ900MHz帯を利用出来るiPhoneはiPhone4と4Sのみ、更にiPad2と新しいiPad,ソフトバンクモバイルより発売された2012夏モデルの全10モデルで対応です。

そこで、今回は自分のエリアが900MHz帯の周波数が来ているのかを確認するiPhoneでの周波数の確認方法をご紹介します。

プラチナバンド(900MHz)が始まっていても、従来の周波数(2100MHz)のエリアと「重ねて」展開するため、エリアによっては2100MHzを掴む可能性もあるようです。確認はあくまで参考にしていただければと思います。

確認方法

STEP1:iPhoneで「電話」を起動します

Wi-fiは「オフ」にしてください。

STEP2:「##3001#12345###」を入力して、発信をタップします

STEP3:「UMTS Cell Environment」をタップします

「Field Test.app」というアプリが起動します。そこで、「UMTS Cell Environment」をタップします

STEP4:「UMTS RR Info」をタップします

「UMTS RR Info」をタップします

STEP5:「Downlink Frequency」と「Uplink Frequency」の数値を計測します

「Downlink Frequency」と「Uplink Frequency」が表示されるまで30秒程時間が掛かる場合があります。表示されるまで少しお待ちください。

STEP6:「Downlink Frequency」と「Uplink Frequency」の数値を下記の表と照らし合わせる

  • 「Downlink Frequency」が2937~3088の間であれば900MHz帯です。
  • 「Uplink Frequency」が2712~2863の間であれば900MHz帯です。

おわりに

電波が悪いと言われていたSoftBankですが、このプラチナバンド導入を機に、電波状況がより快適になることが期待されます。

徐々に基地局は増えていくとのことなので、プラチナバンドを確認できない方は日を改めて確認してみてください。