かなり便利なスティッキーズ

マックにはスティッキーズというツールがあります(OSX以降)。ツールを一言で言うのであれば付箋をデスクトップに付けるツールです。これが非常に便利なんですね。

ただ、これがウインドウズにはないのでフリーウエアのstickypaperを利用しています。 stickypaper online

こちらはマックのスティッキーズ以上に使える機能を備えています。使い方は簡単で、アイコンをクリックするだけ。

書き込むときは色分けして書き込んでいくだけです。

こちらの便利な点は、起動した際最後に保存した状態で起動するところが挙げられます。

デスクトップにメモ書き

元々付箋としてのツールなので、通常と同じように必要なメモ書きや予定を書き込んでおきます。それ以外にも電話番号やEメールアドレス等を入れておきます。

stickypaper onlineというシステムに登録しておけば、外出先でも書き込んだ内容を読むことが可能です。どこでもメモした内容を外出先、自宅でも読めてしまうのはかなり便利です。

メモを書類に。

ワードやエディターを開くまででないけれど、書き残したいという場合に使う使い方も。結構長い文章もかけるので、それを書きつつ煮詰めていく為に使うことも。メモはメモですが、取材メモがわりに。

そのままコピペしていき、原稿の一部として使用することもあります。そういった意味では実質的なエディター替わりとして使うこともあります。

すぐに書ける、すぐに使える

ワードといったアプリケーションに比べると起動時間が非常に短いこともあって、すぐに書きたい時にはイライラせずに済みます。文章量等も制限もありませんのでたくさん書いても大丈夫です。

それ以外にも

コントロールキー+Sですぐに保存。当たり前のコマンドではありますが、すぐに保存できる上に、パソコンのメモリーにも負担も少ないです。それ以外に特筆すべき点も多いです。

メモ帳では使えないような仕様もあることが挙げられます。そのひとつにフォントを変えられることが挙げられるかと思います。

フォント変更と一緒に、取り消し線なども入れられたりします。もちろんこちらは対応しているものであればコピーアンドペーストということも可能になります。

こちらはメモの訂正として使うのが一番多いかと思います。デリート(削除)してしまうよりも、一時保留の物に対して取り消し線を使ったりするのが一番いいかもしれませんね。

地味に使えるのが、時間を入れられる機能です。こまめに入れておくことで、情報の新しさを知ることもできるので、訂正忘れ等も、新しい情報を間違って消すこともなくなってきます。

ただ、デメリット(正確には欠点?)も多少有ります。最小化等で下に表示させることができないことが一番面倒でもあります。アイコンをクリックすれば一括で表示されるのですが、全部出てしまうのも問題。

いつでも表示させられ、いつでも引っ込められるのはメリットですが、少々使いにくいという印象をうけることもあります。もっともこちらも慣れてしまえばどうということはないです。

おわりに

たかがメモと思うかもしれませんが、されどメモ帳、ポストイット。すぐに使えるツールだからこそそれを有効利用する発想が必要です。特にモバイルPCだと基本動きも遅いので、こういった軽いツールを上手く使うことが必要になります。