はじめに

私は自宅でのメイン作業はMacbook、モバイルではWindowsPCを使用しています。昔から、自宅用途とモバイル用途のPCを分けているのですが、その経験で学んだのが、モバイルにおいて如何に自宅環境と遜色のない環境を作り上げるかです。

その肝は、同期にあります。ここでは、ブラウザのブックマークの同期を紹介します。

今回は特に、OSもブラウザも異なる場合でも同期を取る方法を紹介します。

ちなみに、私は自宅用MacbookではメインブラウザにChrome、サブにFirefoxとSafari、モバイル用WindowsではメインブラウザにFirefox、サブにChromeを使っていますが、すべてブックマークを動機しています。

やり方

STEP1:Xmarksのアカウント作成

異なるブラウザ間で同期を取るには、Xmarks | Bookmark Sync and Searchを利用します。

まずは、右上の「LOG IN」をクリックし、アカウントを作成しましょう。

STEP2:アドオンのインストール

次に、各ブラウザにアドオンをインストールします。それぞれのブラウザでXmarks | Bookmark Sync and Searchのサイトにアクセスし、「INSTALL NOW」をクリックすれば、利用しているOS、ブラウザに適切なアドオンをダウンロードできます。

なお、対応しているOS、ブラウザは以下のURLで確認できます。
Download Xmarks | Bookmark Sync and Search

STEP3:最初のブラウザでWebサイトと同期

いずれかのブラウザで、Webサイトと同期を取ります。

ここでは、Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)、Chrome用アドオンの画面を使い、シンプルにマージする方法を説明します。実際にお使いのOS、ブラウザによっては表現が若干異なることがありますので、それぞれ読み替えてください。

Chrome上のXmarkのアイコンを右クリックし、オプションをクリックします。

【Sign in】ボタンをクリックし、先ほど作成したアカウントでログインします。

今回はブックマークの同期ですので、【Sync】タブの「Synchronizing Types」でBookmarksにのみチェックを入れます。

【Synchronizing Now】ボタンを押してしばらく待てば、Webサイトとの同期が完了します。アカウント作成後最初の同期では、ブラウザのブックマークがすべてWebサイト上にアップロードされます。

STEP4:残りのブラウザで同期

後は、残りのブラウザでも同様に同期を取るだけです。

おわりに

いかがでしょう。

一度、Xmarkで同期をとってしまえば、その後は定期的に同期を取りにいきます。各ブラウザで、個別にブックマークを追加しても、時間がたてば同期されます。

簡単にできますのでぜひ、ご活用下さい。