まず「モバイルPC」とは

「モバイルPC」と呼ばれるパソコンには大きく分けて2種類あります。

ひとつは、高性能かつ携帯に便利なサイズが小型のノートパソコン。もうひとつは、低スペックだが低価格で購入できるネットブックです。

この記事では、UMPCと定義されるものやUMPCの定義からは外れる低価格PC等(ULCPCなど)をまとめてネットブックと呼ぶことにします。

前者の場合、基本的には通常のパソコンと同程度のスペックで小型・軽量化したものです。

主にビジネスや、ある程度のスペックが求められるソフトを使用しなければならない場合におすすめです。

逆に後者のネットブックは価格を抑えている分、HDD容量が少なく他のスペックも低めです。

その分バッテリー持続時間が長めであったり、従来のノートパソコンと比べて軽量になっているという特徴もあります。

どうやって選べばいい?

まずは上記の違いを頭に入れて、自分が使うシチュエーション、欲しい理由を考えてみましょう。

  • 外出先でインターネットを使いたい
  • ブログの更新を簡単にできるようにしたい
  • 大学のレポート作成に使いたい
  • 外出先でも仕事で使う資料作成ができるようにしたい
  • 取引先でのプレゼンに使いたい
  • 家族共用のパソコンしかないので、自分専用のパソコンが欲しい

こんな理由の方が多いでしょうか。

上段の3つの理由に近い場合、"ネットブック"をお勧めします。(マイクロソフトオフィスがデフォルトで入っていない製品もありますが、)比較的低価格で手に入れることができます。

ただ注意していただきたいのが、ネットブックの多くが低スペックであるということ。

普通のパソコンの感覚で使おうとしてしまうと、画面が狭かったり記憶容量が少ないといった点が、初心者にはネックになるかもしれません。

ただそういった弱点は、ちょっとした工夫で解消できることが多いです。

ここでは取り上げませんが、少し検索すればそういった活用術もインターネット上にあふれているので、(自己責任ですが)挑戦してみるのもよいと思います。

もし、単に外出先でインターネットを使ったりちょっとメールチェックをするだけなのであれば、"スマートフォン"のほうがよいかもしれません。

下段3つの理由に近い場合は、普通の"ノートパソコン"、もしくは"ビジネスモバイル"タイプのものが良いでしょう。

ハードの十分なスペックはもちろん、耐久性に優れたものも多く出ています。

業務で必要なソフトウェアなどを入れても普通のパソコンと同感覚で使用も可能なので、その点は初心者でも安心して使用できるでしょう。

内蔵光学ドライブも必要?

最近の低価格パソコンで多いのが、光学ドライブを排除したタイプのもの。

基本的にサブマシンとして使うものなので必要無い、無いほうが軽くなるから、といった理由で付いていないタイプのものが増えています。

しかし、「DVDを観られるようにしたい」とか「データのやりとりをCD-Rで行っているお客様がいる」といった場合には、当然必要でしょう。

ただし、頻繁に使用するのでなく多少持ち歩きにかさばってもよいなら、外付けマルチドライブを別途購入する方法もあります。

どちらにせよ、ネットブックには従来のノートパソコンに当たり前についていた機能が排除されている場合があるので、購入前に必ずチェックしておきましょう。

購入前に実際に触ってみるのがおすすめ

可能なら実際にショップにいって自分で操作をしてみましょう。思っていた以上に小さくて、打ちにくい!ということもあります。

キー配列もメーカーによって異なりますので自分に合うか必ずチェックしてください。

自分の使う状況と使いたい機能を見極めよう

モバイルPCは、あなたの仕事の効率や趣味の幅を広げてくれる便利なツールです。自分の状況や、何に使いたいかを見極めて、ぜひお気に入りの一台を見つけてください。