はじめに


モバイルパソコンとは簡単に説明しますと持ち運びが出来るパソコンの事を表します。ノートパソコンと同じような形状をしている事が多い為、ノートパソコン=モバイルパソコンと思われがちですが、多少違いがあります。

ノートパソコンと違って、モバイルパソコンは持ち運ぶことを前提として作られており、最近ではバッテリーが長持ちしたり、衝撃や熱、水分・湿気等にも少しずつ強くなるように改良されてきています。

しかし、改良をされてはいるものの、やはり電気を扱う精密機器であるパソコン。何かのショックでデーターが消えたりしてしまう事があっては大変です。ここでは持ち運びやケアの方法を書いていきます。

STEP1:ケアと掃除の必要性

パソコンを持ち歩くと言う事は、使用する環境が変わると言う事です。普段砂埃等がある場所で使用していたパソコンを湿度が高い処で使用した場合、埃等は固まり、耐熱や耐湿の原因となり、結果壊れやすくなります。

ですので、普段からPCの掃除やケアをしてあげるという事は長く使用する為に至極大切なの事であり、故障をある程度予防する事が出来るのです。また、こう言うケアをする事により、バッテリー自体も長持ちします。

STEP2:何をどうやってケア・掃除するか

STEP1で、ケア・掃除についての必要性は御理解頂けたと思います。では次に、実際に何をどうケア・掃除をすれば良いかをここSTEP2で簡単にまとめて書いていきます。

  • 何処を?

主に、キーボード・蝶番・液晶・バッテリー接続部分・USB等の外部接続部分などに気をつけましょう。特に外部接続をする為の穴の部分は汚れが溜まりやすく、そのまま使用していると故障の原因になります。

  • どうやって?

ここでお勧めアイテムを2つご紹介致します。どちらも最近安価で出てきたPCケア・掃除用のアイテムで、埃払いスプレーとゴミとり用のスライムです。どちらも使い方は簡単ですので気軽に掃除が出来ます。

スプレーの方は、強い風が出て、隙間等にある埃やゴミを吹き飛ばすと言う商品です。中には、静電気防止の液体が入っているのもあります。店頭で色々見てみる楽しいでしょう。

スライムの方は、普通のスライムとは違い弾力があり、ぺたぺたとくっつく為、キーボードや接続部分の穴・くぼみ等のゴミを吸着させ、取る事が出来ると言う商品です。中には握っていて気持ち良いものもあり、リラックス効果もあります。

ここであげた物はほんの一部ですが、御使用の際は代用品ではなくPC専用の物をご使用ください。又、僅かに耐熱してしまいますが、液晶には液晶フィルムを貼り、時々新しいものへ変えるようにしましょう。

STEP3:持ち運びする時にする事

モバイルパソコンは、一般的なネットブック等に比べて、確かに耐久性はありますが、だからといってぞんざいに扱っていいものではありません。安全に運ぶ為の用意に越した事は無いのです。

最近では100円ショップで様々な物が簡単に安く手に入るのですが、パソコン用の持ち運び鞄やケース又はカバーは大手のメーカーの物を買うことを強くお勧めします。

鞄は買ったが、予算が無くてケースを購入しないのであれば、100円ショップ等のケースでもいいのですが、更にその上からタオルに包み、ジッパー等のついたビニール袋に入れて置くと防水と衝撃避けになります。

やりすぎと思われがちですが、そんな事はありません。PC用の鞄は衝撃に備え作られてはいますが、用意・注意に越した事は無いのです。但し、鞄がぴったりの物でしたら圧力が掛かるので、タオルに包まないでください。

おわりに

ここでは簡単に持ち運ぶ際のケア・掃除や梱包について書きました。が、精密機械は何時壊れるか分かりません。上記の他に、こまめにUSBメモリ等にバックアップを取っておくことを強くお勧めします。
 
又、上記中に100円ショップでの購入について少し書きました通り、100円ショップの品は安いだけあり、一時しのぎとして位の品物があったりします。なるべく大手の正規品を御購入される事をお勧めいたします。