はじめに

PC上でモバイルサイトを閲覧する際、携帯の実機で確認する手間を省き、出来るだけ素早く確認する方法を紹介します。

Firefoxアドオン、FireMobileSimulatorの利用

Firefoxというブラウザで、UserAgentを切り替えて、擬似的にキャリアの判別を可能にするアドオンです。こちらを利用することで、例えばdocomo端末偽装してモバイルサイトを閲覧することが可能です。

有名なアドオンにはUser Agent Switcherはありますが、FireMobileSimulatorをお勧めする理由は以下となります。

設定が簡単

ダウンロードページよりアドオンを落とすだけで設定完了です。

User Agent Switcherの場合、User Agent Switcherのオプションより各端末の情報を設定する必要がありますが、FireMobileSimulatorは設定する手間は入りません。

ダウンロード完了後、Firefoxメニューのツールより利用可能です。

絵文字の表示

他シミュレーターサービスですと、絵文字がうまく表示されない場合も多いのですが、殆どのサイトで携帯端末と同じように問題なく表示されます。

キャプチャーが取りやすい

モバイルサイトの横幅に揃えて表示がされるのでキャプチャーが取りやすいです。資料などに活用する際、とても便利な点となります。

他の閲覧方法

最もお勧めする方法はFireMobileSimulatorとなりますが、いくつか他の方法もご紹介します。

iモードHTMLシミュレータII

docomoが提供するツール。ダウンロードして利用可能です。モバイルサイト全体のキャプチャーを取ることが可能です。

goo モバイル サイトビューワ

URLを入力して表示することが可能です。モバイルgooのカテゴリー登録されているサイトの確認も可能です。

Yahoo!モバイル

モバイル検索エンジンのヤフーモバイルで検索した結果が見られます。検索結果まで閲覧可能でサイトまでは閲覧不可能となっております。

Mobile Barcoder

Firefoxアドオン。今見ているサイトのQRコードを表示することができます。偽装するサービスを利用しても閲覧できない場合は、こちらを活用しすぐにQRコード生成が可能です。

おわりに

キャリア公式サイト、mixi、アメーバなど上記方法を活用しても閲覧できないサイトもありますが、素早く多くのモバイルサイトの確認が可能となります。

モバイルサイトを確認するたびに実機で確認する手間が省けることで、大幅に効率アップが可能となるので是非ご活用下さい。