はじめに

最近モバイルPCを中心に、従来のハードディスクドライブ(HDD)ではなくソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を選べる製品が増えてきました。

HDDに比べて「速い」「安心」と言われ、徐々に人気が高まっていますが、SSDにもデメリットはあります。SSDを使いこなすために、まずはそのメリット・デメリットを十分理解しましょう。

そもそもSSDってなんだろう?

長い間使われてきたHDD

パソコンで使用するデータを記憶しておく記憶装置として長いこと使われていたHDDは、磁気によってデータを記録します。

高速で回転する円盤に磁気ヘッド(一種の磁石)を近づけて、プラッタ(またはディスク)と呼ばれる円盤の表面に微小なN極・S極の配列を作ることで情報を記録します。横から見た模式図を示します。

読み書きが簡単にでき、大容量なのが特徴ですが、磁気ヘッドとプラッタの間は10nm(ナノ・メートル。1nmは100万分の1mm)程度で、タバコの煙粒子より狭く、ホコリが大敵であることはもちろん、振動や衝撃に弱い特徴があります。

HDDに代わる新たな記憶装置

ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)は直訳すると「半導体ドライブ」で、磁気ではなく半導体の中にデータを記録します。

半導体の技術が進歩し、安価に半導体メモリを作れるようになったことで、記憶装置として半導体を使用することができる時代となり、登場しました。すでにフロッピーディスクの代わりとして「USBメモリ」がすっかり定着していますが、それの大型版と思えば良いでしょう。

SSDのメリット

高速

HDDのように磁気ディスクを回し、データの場所を探し…というサーチ時間が不要で、データの読み書きが非常に高速です。

特にOSをインストールすると起動が驚異的に速くなると言われており、使いたい時にすぐ起動してほしいモバイルPCにぴったりです。

低消費電力

モーターを使わないため、低消費電力です。消費電力が小さくなることでバッテリーの持ちが良くなります。

安全・静か

モーターを使わないため、静かに働きます。また、HDDのように物理的な動きを伴わない構造なので、万が一落とすなどの衝撃が加えられても壊れる可能性が低いです。

デメリット

書き換え回数に制限がある

意外と知られていないのですが、SSDは書き換え回数に上限があります。従って、頻繁にデータが書き換えられるような使い方をすると寿命が早く来てしまう可能性があります。

頻繁にアクセスするデータこそ、高速読み書きが可能なSSDに置き換えることで処理速度の大幅な向上が期待できるのですが、SSD自身の寿命を削ることになりかねない事に注意が必要です。

ハードディスクでは定期的に行う事が推奨されるディスクデフラグですが、大量のデータ書き換えが行われるため、SSDに対しては行わない方が良いと言われています。

使いこむと遅くなる

SSDはその構造上データ消去が遅いという欠点があります。そのため、SSDを使いこんでくると、新しいデータを書きこむために古いデータをいったん消去する必要が生じ、書き込みに時間がかかるようになります。

単価が高い

HDDに比べれば、記憶容量当たりのまだ単価が高く、大容量のデータを記録するには向きません。

おわりに

HDDに比べると大変大きなメリットがあるようにみえるSSDにも、SSDだからこそのデメリットが存在します。

容量の低さ、書き換え上限がある事を考慮し、SSDとそのほかのデバイス(例えばHDDとかUSBメモリとか)と上手に使い分けることが大切です。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/28771658@N03/3377026684/)