毎週のように発表される新作映画。それを追いかけるのは映画好きには楽しい時間だけれど、時には語り継がれる名作を見直したり、趣味が炸裂したアート系作品やアヴァンギャルドな作品を見たい時がありますよね。

でも「この一本」という優れた旧作の情報を探すのはなかなか大変です。コアな作品はデータしか残っていなかったり、やっとレビューを見つけたと思ったら的外れな内容しかなかったり…。映画の感想は個々の感性に左右される部分だけに、できれば信頼の置ける人々のレビューから選べたら、と思いませんか。

そんな時にオススメしたいのが映画SNSアプリ「Filmarks」です。

「Filmarks」を知ろう

「Filmarks」ってどんなサービス?

株式会社つみきが運営する映画ソーシャルサービスアプリです。好きな映画・観た映画のレビュー執筆や気になる映画のクリップをしたり、友達と作品について会話したりできるアプリです。FacebookやTwitterなどのWebツールやiPhoneに親しむ映画好きにぴったり。映画ブロガーなどの簡易メモにもオススメです。

「Filmarks」のいいところ

「Filmarks」は、開発者の「自分が使いたいと思える映画レビューサービスがほしい」という想いから生まれたアプリです。おもな機能には以下の3点があります。

  • 1.友達のおすすめ映画がわかる(Following:タイムライン)
  • 2.気になる映画を見つけたらスマートフォンですぐメモできる(Clip)
  • 3.映画を観たらすぐレビューが書ける(Mark)

レビューに[いいね]コメントがつくとアクティビティが更新されるよう設計されているほか、FacebookやTwitterと連携することでレビューや作品への幅広いアクションも期待できます。

さらに、シンプルかつ必要十分なデザインとUI、「見やすく、使いやすく」へのこだわりは、小さな文字でも読みやすいフォント、スッキリした色使いとレイアウトに反映されており、iPhoneの小さな画面でもイライラすることがありません。

他のサービスと違うところは?

では、あまたある他の映画情報サービスとどんな違いがあるのでしょうか。

1.新作以外の旧作や名作の情報が得られる

映画.comやT-SITEなどの映画情報アプリでは、新作映画の情報や映画館検索が中心です。またレビューは利用ユーザー全体のものです。一方、「Filmarks」ではレビューとソーシャルの機能を組み合わせることで、友人のレビューが優先表示されるようになっています。そのため、新旧に関係なく隠れた名作を知ったり、教えあったりできる面白さがあります。

2.レビューやコメント欄にハッシュタグが使える

Twitterのように、レビューやコメント欄で「#●●」などのハッシュタグが利用できます。例えば、「#泣ける」などの感情や「#NewYork」といった場所での検索も可能になり、作品の選び方や探し方の幅が拡がります。

では、実際に「Filmarks」を使ってましょう。

Filmarksを使う手順について

1.会員登録をする

(1)会員登録ページへ

トップページの[新規登録]をクリックします。

(2)無料会員登録する

登録画面では 3種類の方法が使えます。利用規約の同意にチェックを入れ、FacebookやTwitterにアカウントがある場合は各サービス名を、なければ[新規登録]をタップして進みます。

アプリで表示する[お名前]やログイン用の[Filmarks ID]、[メールアドレス]のほか、パスワードを入力して[メンバー登録する]ボタンをタップします。

サービス連携によるログインでは、各サービス名をタップすると連携承認ページを経由し、上記項目(の一部)が自動的に入力されます。

(3)ログインをする

登録され、ログイン画面が表示されました。[ログイン]ボタンをタップすればOKです。

2.Filmarksをはじめる

(1)Filmarksをはじめる

ログインするとまず、[Following]ページが表示されます。連携しているSNSに利用者がいれば自動でフォローします。筆者は誰も使っていなかったので、自動でFirmarksのスタッフをフォローしました。

左上のフォローボタンをタップし、気になるオススメユーザーも探してみましょう。

各メニューは画面下側の項目をタップして切り替えます。

[設定]ページから友人を探す方法を選びます。

今回は[オススメから探す]を選択しました。[フォローする]をタップしてフォローします。

FacebookやTwitterにいる友人を新たに招待することもできます。

(2)フォローした人の投稿が表示される

[Following]ページが表示され、フォローした人の投稿が見られるようになります。

3.既存作品のレビューやクリップをする

(1)作品を探す

[Trend]をタップすると、参加ユーザーの中での注目作品が表示されます。まずはここから自分の好きな作品を探してみましょう。見つかったらサムネイルをタップします

詳細ページが表示されました。作品データや予告編、おすすめ作品や他のユーザーレビューなどをチェックすることができます。また、YouTubeで見られる予告編やwikiなどにもリンクしています。

(2)レビューを書く

メニュー中央、左側のアイコン(目の形)をタップすると、レビュー記入欄が表示されます。

スライダーでスコア(5点満点)やコメントを記入します。FacebookやTwitterでシェアすることもできます。完成したら[保存]ボタンをタップします。

ネタバレしている場合は[ネタバレ]アイコンをタップします。タイムラインがアラート表示のみになります。

レビューが作品ページに反映されました。またタイムライン上にも表示されています。

レビューは再編集ができません。内容の修正やハッシュタグを追加する場合はコメント欄に追加するか、一度レビューを削除して再度書き直します。

(3)クリップする

クリップする場合は、右側のアイコン(+の印)をタップします。clipマークが表示されればOKです。

4.新たに作品を登録してレビューする

(1)検索する

作品が見つからない場合は[Search]で検索します。フリーワード検索のほか[受賞作品]や[ジャンル]など任意のカテゴリでも可能です。

検索に少し時間がかかるため、気長に待ちましょう。

(2)結果から選択する

結果を選択し、既存作品の場合と同じように作品詳細ページでレビューを書きます。

(3)レビューが追加される

レビューが追加されました。

(4)ハッシュタグを付ける

[#●●]とタグをつけると、タグ検索ができるようになります。

5.プロフィール設定をする

(1)マイページを開く

プロフィールの設定をします。右下の[マイページ]をタップし[マイページ]を表示。中右にある[設定]ボタンをタップします。

(2)設定ページが表示される

設定ページが表示されました。[プロフィールを編集する]をタップし、適宜[プロフィール編集]画面でアイコンやメールアドレス、自己紹介などを入力します。

(3)プロフィールが設定された

プロフィールの設定ができました。

「Filmarks」を使ってみよう

「Filmarks」の強みは、やはり友人のレビューが上位に表示される仕組みとハッシュタグにあります。そこで、前述の「#泣ける」などももちろんよいのですが、雑誌などではあまり作られない「こだわりカテゴリ」による映画リストを作ってはどうでしょう。

乗り物や嗜好品など作品内容や小物にフォーカスしたリストはもちろん、「結婚式に上映したい1本」や「誕生日プレゼント」などの個人的なテーマリスト作りにもよいですね。ハッシュタグと作品の一例をあげてみます。

内容や小物にこだわる

  • #バイク

…イージーライダー、さらば青春の光、大脱走、THE MOTORCYCLE DIARIES など

  • #タバコ

…コーヒー&シガレッツ、グロリア、SMOKE など

  • #クィア

…プリシラ、ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ、キンキーブーツ など

  • #ダンス

…バーレスク、クレイジーホース、シカゴ など

テーマにこだわる

  • #クリスマスにオススメ

…素晴らしき哉、人生!、シザーハンズ、クリスマス・キャロル など

  • #ごはんがおいしそう

…かもめ食堂、恋人たちの食卓、クレイマー、クレイマー など

コンテンポラリーダンスやバーレスク系、バレエ、ストリート系などを含む「ダンス」、和食や中華からイタリアンなど区分けしやすい「ごはん」など単語の幅が広いジャンルは、「#ダンス #ストリート」などのように、ハッシュタグをいくつか組み合わせるとより便利に。作り甲斐のあるジャンルでもあります。また、SNSなので友達同士でコメント欄にハッシュタグを追加し、進化させていくこともできそうです。

おわりに

筆者が感じたのは、名作からアート系まで幅広い作品セレクトながらユーザーの嗜好が確実に反映されたリストになっており、確実に先発の映画情報アプリ/サービスとは異なる個性が見えるということです。それだけに、上手に使えば映画監督さんや映画・配給会社のPR活動などにも活用できそうだ、という印象も受けました。

映画好きの気持ちがぎゅっと詰まったアプリは、シンプルですが映画を楽しむ心に響いてくれるはず。ぜひ一度使ってみてください。