はじめに

「iPhoneをなくした!」 こんな時、あなたはまずどうしますか?身の回りを探して、または最後に持って行った場所を思い出して...という方は多いのではないでしょうか。

無くしたのが家の中であればそれで良いのですが、無くしたのがもし外なら、探すよりも先にやっておくべき事があるのです。なので今回は、外でiPhoneを紛失した時に一番先にする事を書いていきたいと思います。

対策方法

携帯の回線停止

iPhoneをなくした際にまずしなければならない事、それはもしあなたの携帯が他人の手に渡っても機能しないように、自分の携帯会社に連絡して紛失届、回線停止を行うこと。

まずこれをやっておくと、後々「やっと見つけたけど電話料金がすごいことになってる!」「変なアプリが増えてるんだけど...」といった被害を防ぐことができます。「パスワードロックをかけているから大丈夫!」と言う人もいますが、SIMカードを抜かれて情報を抜き取られたり、違う端末で利用されたりする可能性もあるので念のためにやっておきましょう。各社のお問い合わせ番号は以下のサイトからどうぞ。

回線停止は携帯が見つかり次第すぐに解除できます

駅と交番に紛失届を出す

電車での通勤・通学途中に紛失した可能性もあるので、駅の忘れ物センターに問い合わせをしてみましょう。各鉄道会社のサイトに問い合わせ先が記載されています。

駅で見つかった場合、携帯は数日間保管された後、警視庁の遺失物センター(03-3814-4151)に届けられます。こまめに電話をかけてみてください。

おわりに

いかがでしょうか。探す前にまずこの対策をしておけば、情報が漏れる心配もなく安心して探せます。ぜひ覚えておいてくださいね。

(Photo by 足成