はじめに

Googleの検索結果で、以下のような表示を見たことはありますでしょうか?

検索結果に、コンテンツを執筆した著者の情報を載せられるというものです。これを入れると、写真がつくため、非常に検索結果で目立ち、クリックされるようになります。これは「Authorship Rich Snipet」と呼ばれていたりします。

本家での情報は以下になります。

参考:Google Japan Blog: 検索結果に著者情報が表示されるようになりました

検索経由での流入がアップさせたいと思った時には、ぜひともこれを対応しておきたいですよね。

そこで、Googleの検索結果に著者情報を掲載する方法を紹介します。

Googleに著者情報を載せる方法

STEP1

まず、Google+に登録されている必要があります。Google+に登録していない方は、

をご覧ください。

STEP2

そして、自分のプロフィール画面にいき、上部の

「プロフィールを編集」をクリックします。

そして、「投稿先」をクリックし、自分のブログやサイトを加えてください。

STEP3

その後、自分が使っているブログの記事ページの共通のところのどこかに、以下のようにリンクを貼ってください。

<a href="https://plus.google.com/<自分のid>" rel="author">{自分の名前}</a>

例: <a href="https://plus.google.com/111617603170587120375" rel="author">古川健介</a>

もしも共通部分をいじることができない場合などは、通常の投稿のどこかに上記リンクをいれるだけでも問題ありません。

STEP4

完了です!

自分の投稿がきちんと登録できるかは、

Webmaster Tools - Rich Snippets Testing Tool

で、URLをいれれば対応することができます。

以下のように表示されれば成功です。

便利な情報

このやり方は、自分のサイトでなくても、リンクを入れられるサイトであれば使うことができます。

たとえば、自分がメディアに寄稿する時などは、メディア側に確認をとってリンクをいれてもらえれば検索結果に自分の顔写真を入れることができます。

おわりに

というわけで、Googleの検索結果に著者情報を入れる方法を紹介いたしました。

検索結果でのCTRがあがるテクニックなのでぜひともご活用ください!

(photo by 著者)