はじめに

電子化が急速に進む世の中。携帯機器がタッチパネルになり、ipadなどのタブレット機器が普及し、次に電子化するのは書籍

あなたは、どの電子書籍を選びますか?ここでは楽天より発売されたを紹介したいと思います

koboについての情報はこちら

koboのおすすめポイント

7980円という価格

楽天から発売される電子書籍「kobo touch」は7980円という安さ。また、楽天会員ランク毎にポイントプレゼントキャンペーンを設けるなど、お得なサービスが多いところに惹かれました。

更に、本の購入時にもポイントが付いてくるので、継続して購入したいと思えます。

薄さ10mm、重さ185g

通勤途中に、鞄に入れて持ち運びしやすい大きさです。最近視力が低下してきたのが悩みでしたが、電子書籍なので拡大して読めるところが魅力的です。

お試し機能

電子書籍の一番のポイントは自分の端末で話題作やコミックの試し読みが出来ることです。面白ければそのまま購入出来ます。

空き時間に本屋で立ち読み気分が味わえます。

青空文庫など無料で読める本が用意されているので本体だけでもしばらく楽しめます。

自炊がしやすい

自炊?と思われるかもしれませんが、ここでは料理ではなく、自分で電子書籍を作ることを言います。

お気に入りの本を裁断し、スキャナーでPCに取り込み、kobo用に変換します。

詳しい自炊の方法はこちら

koboの側面にMicroSDを入れる部分があるため、著者は32GBいっぱいの本を入れています。

裁断機やスキャナーは高価ですが、最近は自炊専門店などもあるため行ける場合は是非足を運んでみてください。

おわりに

電子書籍は賛否両論ありますが、電子書籍の導入で読書量が増加したという米国での調査結果が出ています。

空き時間の有効活用、購入意欲をそそるお試し機能、電子書籍がもたらす効果をkoboで是非実感してみてください。

(Photo by http://www.ashinari.com/2010/03/01-034004.php