はじめに

Word、Excelなど、パソコンスキルにも、様々なジャンルがありますが、中でも、重要なのはタイピング能力ではないでしょうか。

Wordで書類作成をするにも、Excelで表計算をするにも、まずは速く、正確なデータ入力が必要となってきます。

パソコン初心者であった著者が、1日たった15分の練習で、周囲の人に驚かれるほどのスピードにまで上達させた方法をご紹介します。

この記事は2012年9 月11日に書かれたものです。

とにかく打つべし!

タイピングの練習は、とにかく文章を打つ回数を重ねることにつきると思われます。そうすることで、手がキーボードの位置や動き方を覚え、ブラインドタッチができるようになるからです。

文章を打つには、ブログを作成し、毎日文章を打つようにする、友達とのメールをパソコンから送るようにすといった方法があるかと思います。

しかし、その方法だと

  • どれくらいのタイピング速度なのか
  • どのようなミスタイピングをしているか

という客観的な評価ができないうえに、自分にとって使いやすい言葉しか打たず、苦手なキーを使わなくなる可能性が高くなってしまいます。

おすすめ練習サイト イータイピング

そこでおすすめしたいのが、イータイピングというサイトです。無料登録をすれば、だれでも利用できるタイピング練習専用サイトです。

おすすめの理由

  • キータッチ運指の基礎から練習できる
  • 長文、ビジネス文など、自分の好きなところから始められるので、基礎ができている人も利用できる
  • 自分が普段使わない文章の練習ができる
  • 英文の練習ができる

(英文は、ローマ字打ちと運指が違うので、苦手という方が多いです。また、自分では練習しにくい分野です。)

  • カナ入力の練習ができる

イータイピングおすすめの使い方

  • まずは、会員登録なしでも利用出来る、腕試しチェックを行います。これは、総合的な評価や簡単なアドバイスと共に、苦手なキーや入力ミスの回数など、詳細なデータが表示されますので、現在の自分の技術を確認するのに役立ちます。

  • 腕試しチェックは何度でも挑戦出来るので、そこで技術を磨くことも出来ますが、無料会員登録をすることで、自分専用のカルテが作成され、苦手なキーを重点的に練習することが出来たり、自分の上達具合を知ることが出来るので、おすすめです。

著者は、カルテを作成することで、苦手なキーが徐々に上達するのが嬉しくなり、 ゲーム感覚で練習を楽しめたことが上達につながったと考えています。

おわりに

どんな人でも、最初から速くタイピングが打てる人はいないと思います。少しのセンスとコツコツと努力することが上達の要ではないでしょうか。

(photo by http://www.ashinari.com/2008/03/06-004202.php)