Macを購入すると始めから入っているアプリケーションiMovie。簡単に動画を編集することができ、写真のスライドショーなんかも作成できちゃいます。

子どもの運動会の様子を編集し、残しておきたい!今までの思い出を編集して友達にプレゼントしたい!そんなとき、DVDに焼けたら便利ですよね。

今回はフリーソフトの「Burn」を使用してiMovieで作った動画をDVDへ焼く方法をご紹介します。

DVDに焼くには「Burn」という、フリーソフトが必要です。

違法アップロードされた動画をダウンロードし、DVDを作成することは犯罪です。

動画を焼く方法

STEP1:「Quick Timeを使用して書き出す」をクリック

iMovieで作った動画を.mov形式で書き出します。

上部のメニューバーの「共有」から、「QuickTimeを使用して書き出す」をクリックします。

STEP2:保存先を選択し、「保存」をクリック

保存する名前入力し、保存先を選択します。

選択したら、右下にある「保存」をクリックします。

STEP3:「Burn」を起動し、設定を変更

動画の保存が終わったら、「Burn」を起動させます。

上部のメニューバーから「Burn」をクリックします。

「環境設定」から「ビデオ」をクリック、地域を「NTSC」に変更します。

環境設定を閉じます。

左下にある歯車のようなボタンをクリックします。

「MPEG2エンコードを強制する」をクリックし、設定を変更します。

STEP4:「+」をクリックし、保存した動画を選択

上のメニューから「ビデオ」をクリックします。

左下にある「+」ボタンをクリックし、先ほど.mov形式で保存した動画を選択します。

STEP5:「変換」をクリック

確認画面が表示されます。右下の「変換」をクリックします。

STEP6:DVD名を入力し、「DVD-Video」を選択

動画が一覧に表示されたら、DVD名を入力します。

右にある項目から「DVD-Video」を選択します。

DVD名は必ず英数字にしましょう。
英数字以外にすると、DVDに焼いた後に文字化けをして、PCでの再生ができなくなります。

STEP7:「ディスク作成」をクリック

入力、選択ができたら、右下にある「ディスク作成」をクリックします。

STEP8:空のDVDを挿入し、「ディスク作成」をクリック

空のDVDをDVDドライバに挿入します。

自動的にディスク作成場所と速度が表示され、右下の「ディスク作成」をクリックします。

STEP9:完了

ディスク作成が終わると、自動的にDVDプレイヤーが起動します。

動画が再生され、完了です!

(image by PEXELS)
(photo by 筆者)