はじめに

近年では、Google(グーグル)で検索できないことはない、というほどにGoogleの検索エンジンは急成長し、フリーメールやカレンダーの機能もあることから、Googleのサービスなしでは仕事ができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とても便利なGoogleですが、隠れた検索機能がたくさんついていることをご存じでしょうか。

今回は、その中でも「電卓機能」に焦点を絞ってご紹介します。Google検索をさらに活用できる便利なワザですよ!

Google検索窓で電卓機能!

Googleの検索窓(下画像参照)から、簡単に電卓機能が使えること、ご存じですか?

検索窓に数式を入力して検索すると、検索結果の画面に数式の答えが出ます。そのときに使える記号をいくつかご紹介しましょう。

+ or plus

記号の「+」(プラス)または半角アルファベットで「plus」を使うと、足し算をすることができます。

-

記号の「-」(マイナス)を使うと、引き算をすることができます。

*

記号の「*」(アスタリスク)を使うと、かけ算をすることができます。

/

記号の「/」(スラッシュ)を使うと、割り算をすることができます。

余りは表示されません。余りを表示したい場合は、次に紹介する「%」を使います。

% or mod or modulo

記号の「%」(パーセント)または半角アルファベットでmodあるいはmoduloを使うと、割り算の余りを計算することができます。

割り算の答えは表示されません。答えを表示したい場合は、一つ前に紹介した「/」を使います。また、%modを使った場合、計算結果表示の式中ではそれぞれmodmoduloと表示されます。

おわりに

今回は普通の電卓で計算するような計算の方法をご紹介しました。このほかにも、様々な機能がついています!いろいろお試しくださいね。