はじめに

Excelで数式や関数を入力すると、よくエラー値が出ますね。

この時つい慌てて数式を消してしまったり…なんて事ありませんか?

実はエラー値には種類があり数式や関数のどこがダメだったかがわかるのです。

そこでこの記事ではエラー値の種類と意味、その対処法を紹介します。

#DIV/0!

エラーの意味

これは割り算の数式で、除数(分母・割る数)が0になっている時に出るエラーです。

対処法

割り算の除数(分母・割る数)の部分をもう一度見直しましょう。値が0(若しくはnull(値が入っていない状態))になっています。

#VALUE!

エラーの意味

数式の参照先に間違った内容が入っている場合に出るエラーです。

対処法

もう一度数式を見直してみましょう。

  • 数字が入るべき場所に文字列が入っている(もちろんその逆も然り)
  • セル参照や関数が入るべき場所に固定値が入っている
  • 1つの値だけで使う関数で範囲が入っている

筆者の経験上、上記ケースが多いように感じます。

また、「数式の検証」を使うと簡単に検証することが可能です。

#NAME?

エラーの意味

存在しない数式が入っている場合に出るエラーです。

対処法

名前やスペルや間違っていることが多いです。正しい名称に直しましょう。

#N/A

エラーの意味

値が存在しない場合に出るエラーです。

対処法

参照先の値が空白でないか確認しましょう。

また、LOOKUP系関数やMATCH関数を使用している場合は[検査値]が合致していない状態が考えられます。

#REF!

エラーの意味

セルが参照できない場合に出るエラーです。

対処法

このエラーはセルを削除した場合に出やすいエラーです。

「Ctrl」+「z」や戻るボタンで元の状態に戻しましょう。

#NULL!

エラーの意味

範囲や参照が正しく行われていない場合に出るエラーです。

対処法

セル指定の「:」「,」が抜けていないか確認しましょう。

#NUM!

エラーの意味

値が大きすぎたり小さすぎたりする場合に出るエラーです。

対処法

分割して計算するなどしましょう。

身に覚えのない場合は、関数の引数に不適切な数値が入っている可能性もあります。

これってエラー?

これ以外にもエラーではありませんが、正しく表示されない場合があります。

#######

セルが狭すぎて値が正しく表示されていない状態です。セルの幅を広げると正しく表示されます。

また、日付形式のセルに負の値が入っている場合もこのように表示されます。その場合は正しい値を入れましょう。

1E+11

これは数値の値が大きく、指数表示されている状態です。

この場合もセルの幅を広げると正しく表示されます。

最後に

エラーが出た場合は慌てずに「エラーの意味」を考えてみましょう。

それが正しい値を導き出すための近道となるでしょう。