著者は自宅でMAC、職場でWINDOWSを使っています。それぞれの特徴をあげていきます。

もし新しくパソコンを購入しようと思うんだけどMACとWINDOWSのどちらにしようか迷っている方がいれば、参考にしてみてください。

Macだからできること

(photo by ogar)

Windowsをインストールできる

Macには『BootCamp』という機能があり、MacマシンにWindowsOSをインストールすることができます。反対にWindowsマシンにMacOSを直接インストールすることはできません。

そのため普段はMacを使って、Office製品やWindowsにしかないソフトを使うときにはWindowsを使う、ということができます。

※WindowsOSは別途購入する必要があります。

iPhoneやiPadのアプリ開発ができる

iPhoneやiPadのアプリを開発しようと思ったら、Windowsマシンでは開発できないので開発環境はMac一択になります。

フォントが俊逸

Macを生み出したアップルの創業者である故スティーブ・ジョブズ氏は、学生の頃カリグラフィー(文字装飾、文字の芸術)にハマっていました。その下地があったのでMacには沢山の美しい文字タイプがあります。

「フォントなんて、文字が読めればそれでいい」という方も多いのではないかと思います。著者もWindowsしか使っていなかった時にはそう考えていました。しかしMacも使うようになって、フォントを見比べてみて初めてフォントの重要さが分かりました。長時間文章を読んでも疲れにくいです。

Windowsだからできること

(photo by ogar)

Office製品が使える

文書作成ソフトや表計算ソフトなど、どこの職場にいっても大抵はMicrosoftのOffice(ワードやエクセル)を使っていることと思います。一時期無料のOpenOffice系も流行りましたが、あまりメジャーにはなっていないように感じます。Office製品はMac版もありますが、職場で使い慣れているであろうWindows版のOfficeのほうが安心です。

ソフトが豊富(無料・有料問わず)

およそパソコンで出来そうなことで、Windowsマシンでできないことはほとんどないと言っても過言ではないくらい、豊富なアプリケーションがあります。

同価格帯ならWindowsのほうが高機能

MacはWindowsに比べると割高です。単純に機能(CUPやメモリ、HDDの容量)を求めるなら同じ値段でもWindowsのほうが高機能マシンを選択できます。

さいごに

著者はMacにWindowsをインストールして切り替えながら使っています。両方のいいところを享受できるので予算が合う方には断然おすすめです。BootCampで切り替える時の注意点としては、キーボードの配列がMacなので、Windowsを使うときには最初は慣れが必要です。