はじめに

iPhoneを買ったはいいものの、仕事などの関係で、普通のケータイとiPhoneのの2個持ちが必須な人も多いのでは?

というわけで今回は、7分でわかる、iPhoneとガラケーの2個持ちレシピをお届けします。

ガラケーって何?という人はこちらから!→ 「ガラケー」とは?誰でもわかる言葉の意味と基礎知識

iPhoneとガラケーを2個持ちする人のための10の使い分け

個人的な例を紹介します。

  • 1:通常の電話はガラケー
  • 2:アイデアメモはiPhone(Evernote中心)
  • 3:プライベートメールはガラケー(ブラインドタッチ優先)
  • 4:仕事用メール、スケジューラはiPhone

GoogleAppsならガラケーでも見られるが、オフラインで使うにはiPhone
  • 5:カメラはガラケー

SHの画質、モブログのしやすさ優先。
利用シーンの多いアウトドア、魚を釣った手でiPhoneは触れないw

Evernote、DropBoxとの連携次第で、iPhoneに移管の可能性あり
  • 6:音楽はiPhone(LISMOよりiTunes)
  • 7:コンビニ決済、クーポンはガラケー(おサイフケータイ)
  • 8:道に迷ったらiPhone

GoogleMap+コンパス利用。EZナビウォークは解約

  • 9:モブログ(アメブロ)はガラケー

投稿用にはケータイのアドレス1つしか使えず、写真添付が多いため。

iPhoneに移管の可能性あり
  • 10:TwitterはiPhone

MovaTwitterより、TweetDeckアプリの勝ち

評価基準

評価してみて発見したのは、どちらも同等レベル、という機能がなかったこと。

そして、生活していく中で交互に登場することだ。

言ってみれば、

  • 手の延長がガラケー
  • 人生にスパイスを加えてくれるのがiPhone

という住み分けがされている。

iPhoneが優位な点

仕事用メール(会社アドレス、Gmail)

GoogleAppsを使っているのでケータイのブラウザでも見られるが、プル情報、ブラウジング中心なのでiPhoneが○。

PCサイト閲覧

SafariによりPCサイトがPCと同じように閲覧できる。

ナビゲーション

GoogleMapが見やすい。
また、乗換案内アプリが充実している。

ゲーム

Appstoreで大量のゲームから選べる。

音楽

iPod機能

Twitter

TweetDeck, EchoFonなど、Twitter専用アプリが充実。

RSSリーダー

Bylineのように、Googleリーダーをオフラインで見られるものがある。

参考:やっとBylineを超えそうなアプリが登場

メモ帳

Evernoteという、PCとiPhoneでデータを共有できるメモ帳アプリに、に仕事用、プライベート用メモをまとめる。

Evernote:iPhoneがあなたの脳になる!テキスト・写真・音声を駆使してあらゆる使い方が可能!無料!1000

PCとのファイル共有

Dropboxという、PCとのファイル共有ソフトを使い、閲覧をする。

究極のファイル同期・共有サービス「Dropbox」が一般公開。Linux/iPhone対応(アプリも公開) :Heartlogic

電話

ただとも相手との電話など。

ガラケーが優位な点

電話

docomo、auのほうが全体的に電波がよい

プライベートメール

こちらは、プッシュ情報で連絡することが多いので、打ち込みに強い(ブラインドタッチができる)ガラケー。

カメラ

iPhoneのカメラよりも、ガラケーのカメラのほうが基本的に高画質、高性能なため、こちらを使う。

おサイフケータイ

Suica, Edy, nanacoなど、ガラケーでのみ利用可能。

クーポン、ポイントカード

マクドナルドのクーポンや、ビックカメラ、ヨドバシカメラのポイントカードなど、ケータイでのポイントカード

ワンセグ

ガラケーのほとどんが、付属品なしで見られるため、必要な人は。

QRコードリーダー

店舗からのモバイル連携はほぼQRコード

モブログ

アメブロは、ケータイアドレスからのみ可能など、ブログプロバイダによっては使い分けが必要。

アウトドアなど、ハードなシチュエーション

釣りの時など、iPhoneは耐えられない。

2個持ちユーザーが増えたら・・・

こんなストラップが売り出されるかも。

iPhoneの充電器と、ガラケーの充電器、そして両者を同時に下げられるネックストラップ。

首から下げるのがギョーカイ人ってやつです♪

iPhone関連の記事