はじめに

Google(グーグル)さんの検索の仕方一つで、あなたが手に入れる情報の精度が変わってくることはご存知ですか?

ちょっと探したい情報があったときに、今まではGoogleに検索したい言葉だけを入力していたと思いますが、これからは、以下の2つの検索の裏ワザをおこなってみてください。

手に入る情報の質が高くなり、いち早く、あなたが抱えている問題を解決してくれる情報に辿りつくことでしょう。

数億サイトから必要な情報を抜き取るコツ

グーグルさんの日本語サイトの数は、今日現在で数千万件以上あるといわれています。

その数千万件の中には、当然、あなたに役立つ情報もあれば、信憑性の低いものもたくさんあります。

ちょっと緊急で調べたい情報を検索しようとしたら、個人の書いたブログしか出てこなくて困ってしまった。

という経験も少なからずされているのではないでしょうか?

そんな方のために、今回はグーグルを120%使いこなす検索の裏技をお教えします。

キーワード(スペース)キーワード

これは、アンド検索といわれるもので、あなたが知りたい情報に最短でピンポイントで辿りつくための検索法です。

例えば、お花のギフトを誰かに送りたくてお店を探す時などは、

ただ、「花屋」と検索するよりも、

「あなたの住んでいる地域 花屋 ギフト」と入力をすると、あなたの家の近所でギフト用の花を扱っている店を探し出してくれます。

また、ネット上で花のプレゼントを送りたいときには、「花 ギフト ネット」とか「フラワーギフト ネットショップ」と入力するのがポイントです。

キーワード(スペース)あ~わ

グーグルさんの検索の凄いところは、既に多くの人が検索をしている足跡的なものがわかるという点です。

どういうことかと言うと、あるキーワードを入力してみるとその下に、検索数の多い組み合わせのキーワードが表示されるようになっています。

例えば、フラワーと入力してみると、ギフトやら、アレンジメントやらたくさんの組み合わせが出てきます。

この中から、例えばギフトを探しているなら、フラワーギフトを選んで表示させるとピンポイントで閲覧数の多いサイトを表示してくれます。

また、ギフトじゃなく違う目的で探しているとしてアンド検索の他の言葉が出てこない、みつからないようなら、今度はフラワーのあとに、「あ」から、「わ」を順に入力していきます。

具体的には、

「フラワー(スペース)け」といれてみたとします。すると、「フラワー 検定」とか、「プリザーブドフラワー 結婚式」という具合にキーワードに広がりが出てきます。

その中から、自分が本当に検索したい情報を、すでにほかの多くの人が検索しているキーワードから探すという方法もあります。

まとめ

グーグルさんの検索は、ちょっと慣れてくると、いろんな検索の仕方があるのがわかってきます。

グーグルさんは、日々、たくさんのユーザ-の検索キーワードや検索されているサイトを調査してそれをまとめています。

多くの人に役だつ良いサイトは、上位表示されるようにもなってきています。

この仕組みに気付いてくると、たくさんの情報の中から自分に必要な情報だけを最短でピンポイントで見つけることができるようになります。

ぜひ、やってみてください。