はじめに

IllustratorとPhotoshopといえば、数々のソフトウェアを作っているAdobe社製品のツートップといって過言ではないでしょう。

どちらも絵に関わるソフトウェアということもあって、このIllustratorとPhotoshop、いったい何が違うのか?と聞かれることがしばしばあります。

両者の違いをしっかり理解し、IllustratorとPhotoshopを適切に使い分けられるようになりましょう。

Photoshop

そもそもPhotoshopとは

"Photoshop"を直訳すると「写真屋さん」の意味になる通り、そもそもPhotoshopは「写真を修整・加工するためのソフトウェア」です。

主たる機能は、取り込んだ写真(画像)に対して

  • 明るさ・コントラスト・色合いを調整する
  • 必要な部分だけを切りだす(トリミング)・切り抜いて合成する
  • その他フィルタ加工などの特殊処理を施す

です。

Photoshopはこの用途に特化したプロフェッショナル向けツールとして進化を続け、いわゆる「プロフェッショナル向けお絵かきツール」のスタンダードとしても使われるようになりました。

Photoshopのみを使って作品を制作しているプロの漫画家も多数います。

キーワードは「ラスター」

さて、先ほど「お絵かきツール」という言葉を使いましたが、正確には「ラスター画像(ラスターグラフィクス)」を扱うソフトウェアと言うべきです。

ラスター画像は、小さな四角い色の点(ピクセル)を敷きつめる形で画像を表します。誤解を恐れずに単純な言い方をすれば、Photoshopは様々な方法でこの「点の色を塗り替える」ことで、画像を編集しています。

画像を拡大してみるとよくわかります。

上の図は絵の左目を拡大したものですが、四角い点が集まって画像ができていることがよくわかります。

Illustrator

そもそもIllustratorとは

"Illustrator"を直訳すると「イラストレータ・イラスト作家」の意味になります。画家の直訳である"Artist"や"Painter"と違い、"Illustrator"というと、「デザイン」のニュアンスを含みます。

主たる機能は、

  • 比較的単純な線で作られた部品を組み合わせ、イラストを作成する
  • 個別に作り込んだ部品(画像や文字)を貼り込んでデザインする

です。

キーワードは「ベクター」

Illustratorは「ベクター画像(ベクターグラフィクス)」を扱うソフトウェアです。

特徴は、Photoshopのようなラスター画像が、1つの絵を「点の集合」として扱うのに対し、Illustratorは「画像を構成する部品をバラバラに操作できる」点です。

Illustratorは線の形状・色を「数式」として記録します。そのため、画像を構成する部品を自由に動かしたり、画質を劣化させることなく拡大・縮小することが可能です。

下の図は、Illustratorで作った円を、そのままIllustrator上で(ベクター画像として)拡大したものと、Photoshop上で(ラスター画像として)拡大したものを比較しています。

違いは一目瞭然です。

おわりに

IllustratorとPhotoshopは、どちらが良い・悪いというわけではなく、それぞれの個性を保ちながら発展してきました。

最近は互いの機能を取り入れたりもしていますが、やはり適材適所で使い分けるようにしたいですね。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/lululemonathletica/3428117564/)