はじめに

iPhoneで写真を撮って管理する際はパソコンに接続して取り込む作業が必要です、

普段から写真を沢山撮る方も頻繁にパソコンに取り込むのは大変な作業です。

今回はiPhoneで撮った写真を撮ったその場でクラウドへ保存してしまうレシピです。

このレシピを読めば、パソコンで取り込む必要もなく、いつでもどこでも、パソコンやiPhoneで全ての写真を閲覧、管理することが容易にできるようになります。

用意するもの

クラウドストレージサービス

現在iPhoneからクラウドへアップロード可能なサービス、アプリは複数ございます。

ご自身にあったサービスを選択すると良いでしょう。

オススメのサービス

オススメのサービスは「Sugarsync」というものです。これは現在無料5GBコースにてボーナス容量10GBまで獲得できます。
※2011年5月31日まではボーナス容量は無制限に増やせるそうです。
1紹介につき500MBの容量を獲得できる。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

SugarsyncをiPhoneで使う方法

STEP1

まずiphoneで「Sugar Sync」を起動します。

[image:/r/20100915/20100915105718.jpg]

右下の「カメラ」アイコンにタッチする。

STEP2

[image:/r/20100915/20100915105735.jpg]

写真のアップロードアイコンにタッチします。

STEP3

[image:/r/20100915/20100915105751.jpg]

「写真を取る」「既存の写真を使用」を選択します。今回は既に撮った写真のアップロードをします。

STEP4

[image:/r/20100915/20100915105806.jpg]

「写真のアルバム」が表示されます。

STEP5

[image:/r/20100915/20100915111357.jpg]

カメラロールを開きアップロードする写真をタッチします。

STEP6

[image:/r/20100915/20100915111415.jpg]

アップロード画面になります、右上のカメラアイコンをタッチするすれば「写真のアルバム」が表示されますので繰り返しアップロードする写真を
選択しタッチして行きます。

チェックマークが全て付いたらアップロード完了となります。

あとはパソコンでいつでもどこでも閲覧、管理が可能になります。

クラウドの活用方法

クラウドの便利さは「いつでも、どこでも」が最大の特徴です、

友人宅で話が盛り上がり、「写真見る?」となったらその場でiphoneや友人のパソコンで閲覧する事ができます。

その他の活用としては

  • 仕事で現場の写真を撮り会社に戻ってパソコンで報告書を即作成
  • 昔撮った写真(クラウド保存)をiphoneでメール送信・・・etc。

などが考えられます。

是非ともお試しください。