はじめに

iPhoneを日ごろ持ち歩いていますが、なるべくパケットを使いたくないなあと思っていて、家でWi-Fiだけ使うようにしています。(iPod touchでいいですよね。。。)

そこで、後でみたい時刻表や記事などWebの情報を手軽にiPhoneで持ち運ぶ方法を考えてみました。

「Dropbox」をインストールする

  • DropboxをiPhoneとパソコンにインストールしておきましょう。

「PrimoPDF」をパソコンにインストール

このソフトをインストールしてください!
http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/

パソコンで保存したいWebサイトをPDFに「印刷」

  • パソコンのブラウザでサイトを表示
  • 「印刷」メニューを選び、プリンタで「PrimoPDF」を選択
  • ファイル名を付けて、Dropboxで共有しているフォルダに保存

iPhoneのDropboxでオフラインで見たいファイルを「Favorites(お気に入り)」する

iPhoneのDropboxアプリ上から、ファイルを選んで「☆」をタップするとFavoritesとして、オフラインで見ることができます。

これでいつでもどこでもiPhoneからそのPDFが確認できます。

[alert:Windowsユーザー向けです。Macユーザーは、「PrimoPDF」使わずにPDFを出力できるので、簡単にできますね。]

関連する情報

[alert:今回の方法以外にも、iPhoneの画面をそのまま保存して、「写真」で見る方法もあります。Safariやメール、他の乗り換え案内などのアプリの画面など、1画面に収まるものだったら、迷わず画面を保存してみましょう。やり方は↓のレシピをご参照ください]

関連ライフレシピ