はじめに

メディアファイルには、動画、静止画、音声がありますが、Windowsユーザーから送られてきて困るフォーマットは、次のようなものがあります。

動画ファイル

  • WMV形式
  • mkv形式

音声ファイル

  • ape形式
  • FLAC形式

これらのファイル形式をMacで再生できるように変換する方法を紹介します。

VLCを使った動画ファイルの変換

ファイル変換ツールは、有料版・無料版併せていくつもあるのですが、一番簡単で安上がりなのは、有名なマルチメディアファイルプレイヤーVLCのエキスポート機能を用いて変換してしまうことです。

再生だけなら、ほとんど全てのファイルはVLCだけでできてしまいますが、iTunesに取り込んで管理するには、Quicktime対応形式にしなければなりません。

ここでは、あらゆる形式の動画ファイルをVLCを用いてMPEG4にエキスポートする方法を解説します。

  • 「ファイルメニュー」から「ストリーム/エキスポートウィザード」を選択します

  • 上の図のように選択して、「次」をクリックします。

  • 変換したいファイルを選択して、「次」をクリックします。

  • エンコードオプション等を上の図のように指定して、「次」をクリックします。
  • この後、ウィザードに従って「次」をクリックしていくと、変換が始まります。

有料版・無料版ソフトを使った動画ファイル変換

無料版ソフトならMPEG Stream Clipが、有料版ソフトなら究極動画変換 for Macが便利でしょう。

音声ファイルの変換

CD-Rをそのままイメージファイル化したape+cue形式またはFLAC+cue形式のファイルを、トラック別に分割して、mp3またはAAC形式に変換する方法を紹介します。

これには、X-Loseless-Decorderというツールを使います。

準備

ape+cueまたはFLAC+cueのファイルセットを、任意のフォルダに入れます。

フォルダ指定

XLDを起動して、ファイルのあるフォルダを指定します。あらかじめcueシートで分割して保存するように、「環境設定」で指定しておきます。

実行

あとは自動的に次々と分割・変換処理が実行されます。

おわりに

静止画ファイルはよほど特殊なもの以外は標準のプレビューツールで閲覧することができます。

Windowsユーザーからどんなファイルを送りつけられても、ツールを使って変換することができます。

どうぞお試しください。