はじめに

パソコンでのキーボード入力が当然身に付けるべき技術になっている昨今、ブラインドタッチの重要性は言わずもがな高まっていますよね。

ここでは割と簡単に、しかも確実に、楽しんでブラインドタッチを身に付ける方法を紹介します。

パソコンで日記を書く

非常に簡単です。とにかくずらずらと日記を書くのです。できれば毎日、5分でもいいからパソコンの前に座る時間を作り、その日あったことや思ったこと、思いついたことをただひたすらにメモ帳なりWORDなりに打ち込んで保存してください。

左手の人差し指をFのキー、右手の人差し指をJのキーに置くだけ

ブラインドタッチの基本としてこれだけは押さえておきましょう。これをホームポジションといいます。覚えることはただこれだけ。簡単ですよね。

理想的なポジションとしてどのキーは何指で叩く、という推奨はありますが、あなたが早く打ちやすいのであれば、その型にはまらなければいけないということはありません。

最初はキーを見ながらでもok

いきなりキーボードを見ないで打ち込んでいくのはいささか無謀です。

あの有名なビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズも最初からそんな芸当はできなかったはず。

とにかくどのキーにどのアルファベットがあるかを体で覚えることが大事です。

継続することが大事

日記はできるだけ毎日書くようにしてください。日記を書くことで頭の整理にもなり、文章能力も飛躍的に上がるはず。キータッチの技術以外にも色々なメリットがあり、相乗効果で日記を書くことが楽しくなると思います。

おわりに

この方法は単純にキーボードに触れる機会を増やしているだけのものですが、ブラインドタッチ=経験値です。こなした分だけ身につくはずですので、ぜひお試しください。

(photo by 足成)