日本では2012年にKindleストアがオープンし、誰でも電子書籍を購入できるようになりました。

また、オープンとほぼ同時にKindleが日本でも発売され、個人的な意見ですが、ようやく電子書籍元年と呼ばれるべき、素晴らしい読書体験ができるサービスが誕生したという印象を受けました。

そこで、Kindleとは何か?どこが便利なのか?というところを説明したいと思います。

Kindleとは?

「Kindle」といったときにみなさんが思い浮かべるのは、いわゆる「電子書籍端末」としてのKindleだと思います。

しかし、Kindleとは実は電子書籍端末だけにとどまらず「Kindle」という、電子書籍サービス全体を指していると考えたほうが自然かもしれません。

どういう意味?

なぜならKindleストアで買った電子書籍は、Kindle端末がなくても閲覧が可能だからです。

こちらの画像はiPhone5で見た時の画面です。くっきりとしており、十分な可読性です。

閲覧には、Kindleのアプリをインストールし、Amazonアカウントでログインする必要があります。

このように、iPhoneやiPad、Androidタブレットでも見ることができます。そして、それらで見ているページは、どのデバイスを使っていても共有されるので、シーンによって使い分けてもOK。

筆者としては、この体験が非常にインパクトを受けました。スマートフォンを買い換えても、タブレットを買い換えても、同じ本が読み続けられるという安心感があります。

また、ガジェット好きであれば、iPhoneを使って移動中に読みつつ、家ではKindleの電子ペーパーでゆっくりと読み、資料として読みたい時はiPadの大きい画面をデスクにおいておく…ということが可能になりますね。

端末はどれを選べばいいの?

端末としてのKindleも買おうと思っている!しかし、いろいろ種類があるし、他のタブレットも気になるからどう判断したらいいのかわからない…という方も多いと思います。

そこで、筆者の見解を紹介したいと思います。あくまで個人的意見ですが、参考になればと思います。

Kindle Fire/Fire HD

テレビCMでも同じみのKindle Fireは、電子書籍リーダーというよりタブレット端末として考えている方も多いと思います。実際その通りで、インターネットサーフィンしたり、ゲームアプリで遊んだりできます。

しかし、それでは他のタブレットと同じですよね。では何が違うのでしょうか?

それは値段。なんとKindle Fireは8,980円!1万円出して千円のお釣りが!また、Kindle Fireよりスペックが高いKindle Fire HDも12,980円からと、とてもいいお値段です。

Android搭載のタブレットでも安くて2万円なので、どちらも手に取りやすい価格です。

値段ばかり安くても肝心の中身がポンコツでは安物買いの銭失い。中身についても見ていきましょう。

本体はプラスチック製で、重量は330gと片手で持てる重さです。バッテリーはKindle Fireが7時間、Kindle Fire HD 8が12時間、Kindle Fire HD 10が8時間。

Kindle Fire/Fire HDはどちらもAndroidをベースにした独自のOS「Fire OS」を使用しています。使用できるアプリはメジャーなものを除けば、海外製が中心に。また、アプリ数も他の製品に比べると多くはありません。また、AndroidベースですがGoogleのPlay Storeのアプリはインストールできません。

ただ、アプリの少なさを差し引いてもAmazonが持つ大量のコンテンツをKindle Fire一つで楽しめるのはとても魅力的です。さらにAmzon Prime会員になれば音楽や映画が見放題。

タブレット一つで書籍をはじめ映画や音楽もとことん楽しみたい方にぴったりです。

Kindle Paperwhite

次は、Kindle Paperwhiteです。

これはみなさんが想像する電子書籍端末に近いかもしれません。

特徴としては「e-ink スクリーン」というものを使っているところです。電子書籍端末を触ったことがない方は、スマートフォンやパソコンの画面のような液晶を想像する場合が多いのですが、e-inkは全く別もの。感覚的には紙に近く、長時間読んでいても疲れません。

筆者は紙の本を読むのが大好きで、質感や読みやすさみたいなものにこだわりがあったのですが、e-inkを使用しているKindleは、全く違和感なく電子書籍の世界に入れました。外で読んでいても、日の光で読みづらいということもありません。

そして、素敵なのがバッテリー。過去のKindleを何個か使っていたのですが、1か月に2回も充電しません。充電が切れるという体験をほとんどしないレベルです。Amazonも「一回の充電で最大8週間読書を楽しむことができます」といっており、本当に長時間使うことができます。

AmazonのKindleストアで購入すれば、Wifi経由などで自動的に同期してくれるため、面倒な設定などもほとんどいりません。Amazonで本を購入して60秒後には読めるという、かなりインパクトのある体験をすることができます。

値段も14,280円と、リーズナブル。本が好きで、本と同じように電子書籍を楽しみたい、という方にはかなりオススメの端末になります。

3G回線がついているタイプもあり値段は同じです。ただ、わずかに重量が重くなってしまいますが気にならないレベルです。外出中でも電子書籍を購入したいという方はこちらのタイプでもいいでしょう。

Kindle Oasis

こちらはKindle Paperwhiteとできることは同じで電子書籍の購入と読書です。何が違うのかというと、Kindle Oasisは「Kindle史上、最も薄く、最も軽い」と銘打たれ、快適な読書体験ができるというところ。

本体のデザインは今でのような縦長ではなく、横幅が少しある程度。片手で持ちやすいように工夫され、重量も131gといつまでも持っていられそうな重さです。

バッテリーは本体の内臓バッテリーが切れても、付属のカバーバッテリーを使うことで数か月間充電せずに使用できます。

気になる価格は35,980円と他のKindle製品に比べると高価です。そのため「これからは電子書籍の時代だ!バリバリKindleを使うぞ!」という方にオススメです。

タブレット

最後にタブレットを紹介します。Kindleアプリがインストールできれば、基本的にはどのタブレットでも問題ありません。

読書だけでなくタブレット一つで趣味やビジネスなど、さまざまなシーンに使いたいという方はiPadやNexusシリーズなどがハイスペックで使いやすいと思います。

個人的な結論ですが、「Kindleで電子書籍を楽しみたい」というのであれば、どの端末を買っても快適に本を読めるはずです。筆者もiPadやNexusで試してみたのですが、かなり快適でした。

電子書籍デビューにはどれがオススメ?

AmazonのKindleについて説明してみました。個人的なオススメとしては、

  • Kindle Paperwhiteは電子書籍端末を持っていない人は買い
  • Kindle fire HDはタブレットを持っていないならいいかも?
  • ただし、iPadなどタブレットを持ってたらいらないかも
  • iPadでも電子書籍が同じように楽しめるのでそちらを買ってもいい

という感じです。

Kindleストアにより、電子書籍が手軽に購入できるようにになったのは、大きなインパクトにです。Kindleを持っていなくても、ぜひ、iPhoneやiPad、Androidタブレットを持っている方は試してみてください。

(image by 写真AC)
(image by Amazon)