はじめに

最近どのブラウザにも基本搭載されてきている「タブ」ですが、これって本当に便利ですよね。

一昔前の「Internet Explorer」などでは、新しいサイトを開くたびに新たなブラウザを立ち上げる必要があり、その度にタスクバー上のアプリケーションの数などが増えていってとても不便でした。

何より見た目にもゴチャゴチャしてしまい、あまりにも多くなってしまうと、どれがどれなのか混乱してしまうケースもよくあったと思います。

今のブラウザには必須の機能となりました。

そこで今日は「Google Chromeのタブを徹底的に活用する方法」について書きたいと思います。

基本部分

そもそもGoogle Chromeは、タブごとにそれぞれプロセスが分かれている仕組みになっています。

これはインターネットを使っている時に急にタブが固まって動かなくなってしまっても、そのタブを閉じればブラウザを閉じて再起動する必要が無くなるのでありがたいですね。

ただあまりにもタブをたくさん開きすぎると、お使いのパソコンのスペックによってはGoogle Chrome自体の動きが重くなってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

オススメ拡張機能

もう一歩進んだ使い方を手っ取り早く簡単に行いたいという方におススメなのが、「拡張機能」を導入することです。

Google Chromeでは有志の方々によって、日々たくさんの拡張機能が公開されています。自分だけの使いやすいブラウザを手に入れるために、積極的に導入してみましょう。

今日はその中でも、おススメのタブ拡張機能をいくつか紹介したいと思います。

VerticalTabs

インターネットでタブを大量に使用し各サイトを開きすぎると、タブのタイトルが読めない上に目的のタブが見つかりにくいというケースがよくありますよね。

こんな時は「VerticalTab」という拡張を使うと、タブをリストで一気に表示してくれる上に検索やソートが簡単に行えます。

アドレスボックスの横にあるChromeツールバーに現れた小さなアイコンをクリックすると、全てのタブを縦リストとして表示し、マウスでタブを選べたり視覚的にも管理しやすくなるようになります。

PanicButton

たくさん立ち上げたタブを一気に閉じたい時に便利な拡張機能なのが、「PanicButton」です。

クリックするだけで全てのタブを一斉に閉じることができる上に、それらのタブを一時的に保存しておいてくれるというとても便利な機能です。

インストールすると、Chromeのナビゲーションバーに小さなアイコンが出現します。これをクリックするとタブが全て閉じられます。あとですぐに復元できるように、タブはテンポラリのブックマークフォルダに保存されます。

Last Tab Standing

Google Chromeのデフォルト設定だと、最後のタブを終了すると同時にプログラム全体を終了してしまいます。

この「Last Tab Standing」を入れると、最後のタブを閉じた時に新規の空白タブを開くことにより、プログラムが終了するのを防いでくれるという仕組みです。

おわりに

自分で使うブラウザをより快適にするために、すでにいろいろな機能を導入されている方も多いと思います。例え細かい部分でも、少しでも改良して使いやすくしたいものですよね。

他にもおススメの拡張機能があったら、ぜひ教えてくださいね。