はじめに

みなさんはGoogle Chromeを使い始めてどのくらい経ちましたか?

結構使いこなせている方や、使い始めたばかりでまだ全然活用できていない方も多いのではないでしょうか。

でもどうせ使うなら少しでも上手く使って、友達や同僚に自慢したいものです。

そこで今日は少しでも使いこなせるように、「Google Chromeを使い始める前に知っておきたいこと」について紹介していきます。

Google Chromeを使い始める前に知っておきたいこと

「Google Chrome」オプションでカスタマイズ

まずは基本的な部分を改良しましょう。

右上のアイコンをクリックして「オプション」を選択し、そこで自分好みにカスタマイズしてみましょう。例えば複数のタブをホームにしてアクセスしやすいようにすることも可能です。

「オプション」ウィンドウの「基本設定」タブで「起動時:次のページを開く」を選択してから希望のURLを入力すれば、起動した時にすぐそのサイトを使い始められます。

他にも「オプション」ウィンドウの「基本設定」タブで「起動時:前回開いていたページを復元する」を選択すると、起動時に前回の最後のセッションを自動的に復元してくれます。

「Speed Dial」を導入する

お気に入りのサイトをたくさん作りすぎると、サイト名を見ただけではどれがどれか分からなくなることがあります。そんな時は「Speed Dial」を使って、視覚的に分かるようにしましょう。

すでにGoogle Chromeには、よく利用するサイトをサムネイルで表示してくれる「新規タブページ」機能が備わっていますが、8サイトしか登録できません。Speed Dialだとこれが36サイトになり、より多くのサイトが分かりやすく使えます。

広告をブロックする

Chrome用の拡張機能として導入しておきたいものは「AdThwart」です。これを有効化すると、表示されているウェブページの広告を非表示にすることができます。

広告ばかりが目に付いて煩わしいサイトって多いですし、それが全く興味の無い広告だとうんざりしてしまうるケースって多々あります。これらが無くなるととてもありがたいですよね。

他にも「AdBlock」や「AdSweep」などの拡張機能があります。

「ChromePlus」を利用する

ブラウザでの閲覧にマウスジェスチャーはすでに必須だと思います。この「ChromePlus」を導入すれば、わざわざクリックしなくてもマウスだけで快適にブラウジングができますし細かい設定も可能なので、導入してみてはいかがでしょうか。

「シークレットウィンドウ」を使う

ブラウザを使ってサイトを閲覧している時に、履歴を残したくない場面ってありますよね。そういうサイトへアクセスするときは、「シークレットウィンドウ」を使いましょう。

おわりに

今回は導入する際の基本的なことを列挙してみましたが、大事なのはまずは使ってみることだと思います。

実際に使用してみると、どこが使いやすいか使いにくいかがだんだん分かってきますしね。

何事も実践あるのみですね。