はじめに

毎日仕事やプライベートでインターネットを利用する方がどんどん増えてきています。少しでも快適に利用していきたいものですよね。

そこで「Google Chromeでブラウジング中にできる裏技」を紹介します。

あくまでも基本的な部分なので、とりあえず参考程度に読んでみてくださいね。

Google Chromeでブラウジング中にできる裏技

いろいろなコンテンツを表示

「Firefox」を使っている方は、いろいろなカスタマイズを行うためによく「about:~」と入力する機会が多かったと思いますが、これはGoogle Chromeでも行えるんです。

例えばGoogle Chromeのアドレスバーに「about:memory」と入力すると起動中のブラウザによるメモリ使用量が分かったり、「about:plugins」だと、インストールしているプラグインを表示してくれたりします。

他にも数多くの「about:~」があるようです。

ページを自動的にスクロールする

単語の意味や知らない人物の経歴を調べる時などには検索エンジンを利用すると思いますが、この結果を見ていくのに次から次へとクリックしていくのはかなり煩わしいですよね。

「AutoPager Chrome」や「FastestFox」を利用すると、検索結果をエンドレスでスクロールしてくれる機能があります。

「BugMeNot」

ちょっとした情報を手に入れたいけど会員制のためアクセスできなかったケースって多いですよね。でもわざわざユーザ登録をするのは面倒だという時は、「BugMeNot」を使ってみましょう。

もともと「BugMeNot」は、ログインが可能なユーザ名とパスワードの組み合わせの情報をパーセンテージで表示してくれるサイトですが、Google Chromeの拡張機能「BugMeNot Lite」で利用が可能になります。
 
ただし犯罪に悪用するのは絶対に止めましょう。

「TinEye Reverse Image Search」

画像検索を行う方は多いと思いますが、自分が欲しい画像と似ている画像を探してくれる昨日があれば便利だと思いませんか?そんな時は「TinEye Reverse Image Search」という拡張機能で探し出しましょう。

きっと欲しい画像が見つかりますよ。

おわりに

今回は簡単な裏技について書いてきましたが、まだまだ知られていない情報って多いと思います。

もっと使いやすくなる裏技があれば、ぜひ教えてくださいね。