はじめに

MSNのwebサービスのひとつであり、ユーザ同士でのデータの送受信やメッセージの送受信ができるWindowsLiveMessengerというソフトがあります。

そのソフトの利用を始めたい人のためにダウンロードの方法など、WindowsLiveMessengerを起動するところまでを図解で説明します。

STEP1:MSNのホームページを開く

まずは以下のリンクからMSNのホームページにアクセスしましょう。

STEP2:メッセンジャーのダウンロードページへアクセスする

図の赤丸の部分にあたる、MSNのトップページの右下にあるリンクよりアクセスしましょう。

STEP3:メッセンジャーをダウンロードする

今すぐダウンロードのボタンからダウンロードします。

上のような画面が出てくるのでファイルを保存をクリックします。ダウンロードが完了するとデスクトップに図の右のようなアイコンが出てくるのでダブルクリックします。

STEP4:メッセンジャーをインストールする

インストールの準備が完了すると上の図のような画面が出てくるのでインストールのボタンをクリックすると下の図の画面のように自動的にインストールが開始されます。

STEP5:インストールの完了

インストールが完了すると上のような画面が出てきます。メッセンジャーを利用するにはMSNメールのアカウントが必要となります。既に登録済みの人は右下の閉じるボタンをクリックして画面を閉じます。

MSNメールのアカウントをまだ取得していない人は、MSNメールのアカウントを取得する手順をわかりやすく説明している記事があるので下のリンクをクリックして参考にしてください。

nanapi-
初心者でもわかるMSNメールアカウントを取得する方法

STEP6:メッセンジャーを開く

インストールが完了したら、デスクトップのスタートからすべてのプログラムを選び、WindowsLiveMessengerをクリックし開きます。

上のような画面が出たらMSNメールアカウントのIDとパスワードを入力し、サインインをクリックすれば完了です。

これで準備完了です!後は自由にメッセンジャーを使いこなしましょう。

おわりに

メッセンジャーはメッセージやデータの送受信以外にも色々な機能があります。使いこなすととても便利なソフトですので、是非とも利用してみてください^^