はじめに

一人暮らしをしている人は携帯電話は持っているけれど、固定電話は持っていない人って案外多いですよね。どこにかけるにも携帯電話。そんな方も多く月々何万円と請求が来ているのではないでしょうか。

携帯電話の選び方は様々ですが、どこの携帯を使っても電話料金が安くなる方法を紹介します。

以前紹介した方法も参照してみてください。

携帯電話をお得に持つ方法

ポイントその1

公衆電話を使う

携帯電話の通話料はプランごとに設定されています。もしも安いプランに入っている場合は1分間の料金は高めに設定されています。この場合は市内や、その近辺であれば公衆電話を使う方が断然お得です。

ポイントその2

フリーダイヤルの場合

フリーダイヤルでも携帯電話からかけれないことってよくあります。その場合でも公衆電話ならなんとか繋がる場合もあります。携帯電話から一般電話にかけるよりもフリーダイヤルが使えるならば公衆電話でフリーダイヤルを使う方が料金がかからないのでお得です。

ポイントその3

遠方の場合

遠方の場合は公衆電話からだと逆に高くなる場合があります。その場合は携帯電話からかけた方が安くなる場合もありますのでかける場所によって使い分けると便利です。

おわりに

携帯電話の普及でどんどん公衆電話の数が減ってきています。街中で公衆電話を探すのはけっこう大変ですし、通信料気にするより手軽に使える携帯電話を使う方のほうが多いでしょう。

場合によっては公衆電話のほうが安くなることもあります。大きな公共機関では必ず公衆電話はありますが、近所にはなかなかないかもしれません。もし近所に公衆電話があるならケースに合わせて公衆電話を使うほうが節約にもなります。

財布の中に1枚テレホンカードがあると便利です。もしもの、携帯電話の電池切れなどにも役立ちます。