はじめに

最近話題のiPad!筆者はiPadをストレスなく使いたかったので、機能がある程度ちゃんと出揃うまでは様子見してたのですが、ようやく最近買いました。皆さんご存知の通り、持ち運べて便利ですし、アプリ次第で色々なことも可能なのでとても幅広く使えます。

今回は、iPadでお絵描きを始めるまでのやり方について、ご紹介します。

筆者は第3世代を使っています。

iPadでお絵描きするための最初の方法

子供に楽しくお絵描きさせる方法

お絵描きをするためには白紙のノート、メモ帳、または専用のお絵描きアプリなど、いずれかをダウンロードする必要があります。

こちらはApp Storeで「絵」で検索して下さい。子供向けの簡単なお絵描きアプリもたくさんあります。価格は無料から有料まで、そこはアプリのレビューなどを見て各自お好きなものをダウンロードして下さい。

iPadは基本、指だけでも描けますのでお子さんが特に不自由されてない場合には指だけでも良いのではないかと思います。自分の指で線が描けると不思議がって自ずと夢中にもなるのではないでしょうか。

爪が伸びた状態で描くと、カツカツ画面に当たって傷つくかもしれません。また、子供ですから強い力を加えようともするかもしれませんし、目は離さないようにした方がいいと思います。

大人向けのお絵描きの始め方

大人向けには、ある程度機能がついていて欲しいところですよね。筆者が使ってみて、無料である程度機能もついているアプリを紹介します。

「Sketch Book Express」

Sketch Book Expressの良い点

  • 基本的な描画機能(モノクロ以外に色ぬりも可能、ペンやブラシ、塗りつぶし、直線などを引くための機能など)がある
  • レイヤーも少し使える
  • 前に塗った色と同じ色を塗りたい時に便利なスポイト機能がある
  • 色々な書体で文字を表示する機能(iPadで文字打ちした好きな文章を、絵に入れられる)
  • 作品保存も可能なところ

このように、様々な機能があるのに無料なところが良いポイントです。

これは筆者もびっくりしたのですが、指だけでもある程度は描けます!ただ、細かい部分は拡大して描いても難しいという感じでした。

ネットで「Sketch Book Express使い方」などで検索をすると、詳しく紹介されているところが出ます。iPad版の説明を探されてみて下さい。

iPadをペンタブレット化する方法

スタイラスペンを使う

WindowsPCでお絵描きされる皆さんは、安めのペンタブレットを買って、一度は試したことがあるのではないでしょうか。あれは便利ですよね、一度使うともうマウスで描きたくなくなります。

実は、それがiPadだと、すでに端末がタブレットなので、あとは対応したペンさえ購入すれば、それだけで液晶ペンタブレットになるのです!

筆者も使っていますが、俗にスタイラスペンと言います。普通に使えましたし、細かい部分も描けるようになりましたよ。

Windows用の物や某ゲーム機のようなタッチペンは使えないのでご注意下さい。静電気に反応するタイプのペンでないとiPadでは使えないのです。

スタイラスペンの種類

スタイラスペンにはいくつか種類があって、先が丸くて太めのもの。比較的細くて描いている先の画面が見やすいもの。また、筆圧感知機能がついているものなどです。

筆圧感知機能とは、描いた時の力加減を感知してくれるもので、強く描けばそれをそのまま強い線で描画してくれるなどの機能です。こちらはiPadと接続する必要があり、接続方法はBluetoothで、ペン本体も充電する必要があるようです。ただ、同じ太さの線を統一して描きたい時には、この筆圧感知機能がついているペンは向かないと思います。

用途に合わせて買うと良い

筆者は均一な線が描けた方がよかったので、筆圧感知なしの方を買いました。(トップ画像のペン参照。こういう形の、先が透明で細めのペンを筆者は買いました。)

ちなみに、大人用の専用お絵描きアプリでは、そのだいたいが線の太さをちゃんと変えられるはずですので、たとえ筆圧感知機能付きペンを買わなかったとしても、トップ画像にある線よりも細く、また太く線を描く事は普通にできます。

少々値段が高いことには注意です。

おわりに

いかがだったでしょうか。有料アプリを使ったりペンで描こうとするとちょっとお金はかかりますが、iPadはすぐに描き始められて紙に描くより汚れずゴミも出ない、やり直しも可能と、かなり便利ではあるので、皆さんも楽しまれてみてはいかがでしょうか。

(Photo by 著者)