はじめに

個人で使うクラウドサービス

個人で利用するクラウドサービスの代表は「クラウドストレージ」になります。

クラウドストレージとは、通常パソコン内に保存するデータをインターネット上の”自分専用のデータ置き場”で保存できるサービスです。

今回はこの「クラウドストレージ」の基本的な使い方についてご説明していきたいと思います。

無料で使えるクラウドストレージは複数あります、使い方を理解して是非活用しましょう。記事後半部で代表的なクラウドストレージを紹介します。

使用用途

現在利用のパソコンが故障した際のバックアップ(PC買い替え時等に便利)

通常はパソコン内に全てのデータを保存しています。

万が一パソコンが壊れてしまった時は、保存したデータを取り出す事さえ難しいこともあります。沢山の思い出の写真や年賀状等で利用している住所録が全て消えてしまったら大変です。

そういうトラブルがあってもクラウド(インターネット)上の自分専用のデータ置き場に保存(バックアップ)していると安心です。

またパソコンを買い換えた際にもデータの移行がスムーズに行えます。

自宅以外のパソコン等でも同じファイル(写真等のファイル)を見たり修正したりできる。

友人の家や会社等の出先で皆で行った旅行の写真や仕事で必要な書類等出先のパソコンや携帯電話、iphone等でクラウド(インターネット)上の自分専用のデータ置き場に保存したファイルを見たり修正したりできます。

USB等でのデータ持ち運びの代わりに使う。

今までCDROMやUSB等に必要なデータを移し持ち運びをしていました、重要なデータでは”紛失、盗難、故障”等のリスクを背負っていましたがクラウド上で保存していればそのリスクを回避する事ができます。

クラウドストレージにリスクが無いという訳ではありません。

会社のパソコン、自宅のパソコン、携帯電話、iphone等いつでもどこでも必要なファイルを開いて確認、修正等ができる(どこでもオフィス)

仕事では必要なデータ「エクセルファイル」や「パワーポイント」等。万が一カバンに入れ忘れても携帯電話やiPhone等でクラウド上に保存したファイルを確認する事ができます。

プライベートでは友達と話が盛り上がり以前の旅行の写真や友人の結婚式の写真、子供の写真等クラウド上に保存した写真ファイルを友人のパソコンや自分の携帯電話、iPhone等で開きその場で見る事などが出来ます。

友達等へデータ(ファイル)を渡す(共有等)

クラウド上に保存した一部のフォルダを共有する事が出来ます。

旅行、結婚式等の写真等をそれぞれの友人がそのフォルダを見れるように設定すれば、それぞれが好きな写真だけを自分達のパソコンにダウンロードする事ができます。

今まではどの写真が何枚焼き増し必要か、管理が大変でしたが、自由に皆に選んでもらい必要なものを渡すことが出来ます。

また仕事でのファイルの受け渡し等もここで行えます。

無料で使えるクラウドストレージサービス(フォルダ同期)

現在複数の個人利用可能な無料クラウドストレージサービスがあります。ここでは代表的なものをご紹介いたします。

それぞれ特徴がありますのでご自身にあったサービスを見つけてください。

SugarSync

無料5GB+期間限定無制限増量可(無料で100GB以上に増量した例も・・・。)

NAVER Nドライブ

無料5GB

quanp

無料1GB

Dropbox(英語)

無料2GB+最大8GBまで増量可

おわりに

いかがでしたか。

特徴をおさえて、自分にぴったりのクラウドサービスを探してみて下さいね。