はじめに

携帯電話が普及したことがもう昔のこと。今では街中を見渡して見ればほとんどの携帯電話がスマートフォンというご時世です。

スマートフォンは様々な機能が搭載してありとても便利で、出先でパソコンの代わりに使用している人も多いことでしょう。だからこそ突然のフリーズには困ってしまいます。

今回はAndroidのスマートフォンがフリーズした時の対処法についてお話します。

フリーズの原因

一体どんなときにフリーズが起こりえるのかと言いますと、

  • 重い動画を見ていた時
  • いくつものアプリを同時に起動していた時
  • ネットサーフィンをしていた時

これらのものはすべてメモリを圧迫する行為です。そうなんです、パソコンと同じでスマートフォンのフリーズの原因はメモリの圧迫にあります。

対処法

スマートフォンがフリーズした時の対処法として、私のやり方には三段階の手順があります。

1:ホームボタンを押してメイン画面に戻るか確かめてみる

ホームボタンを押して固まった画面からメイン画面に戻ることができたならば、そのフリーズは大したことありません。固まってしまったアプリを一度終了して、もう一度最初からやり直しましょう。

2:電源を落としてみる

ホームボタンを押してみても何も変化がなかったり、タッチパネルに触れてみても反応しなかったりした場合には一度電源をOFFにしてみるのがいいでしょう。再起動してしばらくすると正常の反応に戻っています。

3:電源パックを外してみる

電源を落としたあと再起動できなくなっていることがあります。そんな時は一度電源パックを外して、はめ直してみましょう。そうすることによって一度リセットされて起動できるようになっていることがあります。

4:ショップに駆け込んでみる

筆者はドコモユーザーなので、よくドコモショップのお世話になります。

上の3つを試してみてもフリーズが治らなかったり、携帯の調子がおかしいと感じたらドコモショップに立ち寄ることにしています。店員さんに修理してもらえば、更に対策なども教えてくれます。

1~2までは1分ほどで終了します。3は少し充電し直す必要がありますのでもう数分かかります。4は携帯の状況によるので店員さんによく相談してどのくらい時間がかかるか聞きましょう。

フリーズしないために!

フリーズを予防するためにやっておくといいことが幾つかあります。

アプリをいくつも同時に起動しない

アプリを同時に起動するとメモリを圧迫する原因になりますので、必要ない場合には前に使用していたアプリを消しておきましょう。

メールや着信履歴を整理する

普通の携帯電話とは違いメールや通話の履歴はデータとしてどんどん溜まっていきます。必要のないものは削除しておくとメモリへの負荷が減ります。

充電器に挿しっぱなしにしない

充電器に挿しっぱなしにするとバッテリーによくありません。充電が終わったら充電器から外し、電池も全部使いきるほうがいいそうです。

おわりに

スマートフォンは便利な道具なだけに、知らず知らずのうちにメモリに負荷をかけてしまっていることが多いようです。

部屋も汚れてきたら掃除をするように、スマートフォンの整理も定期的にやったほうがいいのかもしれませんね。

(photo by 足成)