はじめに

タイピングを身につける方法はいろいろあります。例えばゲーム感覚で遊びながら覚えるソフトもあります。またサンプルとなる文字が出てきてそれに習って練習するソフトウェアーも無料で提供されています。でも今回はちょっと変わった練習法を提案してみたいと思います。

用意するもの

パソコンだけでOKです!

やり方

STEP1

パソコンに電源を入れてWindowsに最初から付いてきた「メモ帳」を開きます。

STEP2

メモ帳に文字を打ち込みます。右手で「 J K L 」の三文字を打ちます。その三文字のキートップに右手の人差指と中指と薬指をそれぞれ置いてください。

最初は「 J K L 」の順番で人差指と中指と薬指でキーを叩きます。慣れてきたら三文字をランダムに叩いてみましょう。近くにパートナーやご家族の方がいたらモニターを見ていただいてランダムに発音してもらい、それに従ってキーを叩きます。

キートップとはキーボードのキーの上面です。

STEP3

次は左手です。上記と同じように「 F D S A 」に左手の人差指と中指と薬指をそれぞれ置いてください。その時右手はSTEP2でやったように「 J K L 」の上に置いたままです。

そして左手の四文字を練習します。そしてランダムに練習できたら今度は右手の文字も交えて練習します。できたら近くの人の応援をもらいランダムに読み上げてもらいながらキーを叩きます。これでホームポジションの7つのキーはマスターできました。

STEP4

次はホームポジションに両手を置いたまま、「 H 」と「 G 」 を加えてランダムに練習します。注意することは必ずキーに決められた指を使って叩いてください。

この時点でローマ字24文字のうち9文字はマスターしたので残りは15文字です。こうして一文字ずつ加えながら反復練習するといつの間にか2.3日で身についてしまいます。

おわりに

どうでしょうか。できたら一人ではなく、身近な人の応援をもらいながら練習したほうがいいと思います。そうすることによって二人で楽しみながら練習に励むことが出来ますし、協力者の手前、途中で放り出すことも難しくなると思います。

(photo by http://www.ashinari.com/2008/08/04-005920.php)