はじめに

今ではほとんど誰もが持っている携帯電話。

『1日たりとも手放せない!』と思っている方も多いかと思います。

ところで、こういったトラブルに遭遇した経験はありませんか?

例1:携帯電話の紛失・破損によって友人の連絡先などが消えてしまった。

例2:彼女との大切なメールを保護していたら、保存件数が足りなくなってしまった。

こういったトラブルにあわないためにも、自分で携帯電話のデータを管理したい!という方に、「ドコモケータイdatalink」をおススメします!

それでは、利用方法について説明します。

方法

ステップ1:FOMA 充電機能付USB接続ケーブルの購入

docomoショップで購入できます。

充電機能のON/OFF切り替え可能なタイプ(1500円弱)とそうでないタイプ(2000円弱)がありますので、お好きなほうを選んでください。

純正品なので安心して利用でき、携帯電話の充電だけでも利用できます。

ステップ2:ドコモケータイdatalinkのダウンロード+お手持ちのパソコンにインストール

ドコモケータイdatalinkのWEBサイトからダウンロードできます。

ソフトウェア・取扱説明書は無料で提供されており、更新もずっと無料で行えます。

ステップ3:ドコモケータイdatalinkをインストールしたパソコンに携帯電話を接続・操作

ソフトウェアを起動して携帯電話を接続すれば、準備完了。

後は、『読み込み』ボタンをクリックし、ソフトウェアの指示に従ってパソコンに読み込むデータを選択し、端末暗証番号・認証パスワードを携帯電話から入力すればデータ読み込みが開始されます。

ステップ4:パソコンに読み込んだデータ管理

ドコモケータイdatalinkの主な機能として、以下の4点があげられます。

  • 電話帳の管理

電話帳の編集・管理だけでなく、CSVファイル、Microsoft Office Outlookとの電話帳データのインポート/エクスポート、Microsoft Office Excelを使った電話帳データの一括編集もできます。

  • メールの管理

たくさんのメールをメールアドレスや電話帳のグループ、キーワードなどで検索して一覧表示することができ、Microsoft Office Outlook、Microsoft Outlook Express、Windowsメールとのメールのインポート/エクスポートにも対応しています。

  • スケジュールの管理

携帯電話のスケジュール(各日の送受信メール・撮影した写真やiモーションなど)が保存でき、パソコンから入力して携帯電話に書き込むこともできます。

  • 携帯電話で撮った写真の管理

携帯電話で撮った写真を表示したり、フォルダを作ってテーマごとに管理・編集することもできます。

ほかにも、ブックマーク、テキストメモ、iモーション、トルカなどさまざまな機能が利用できます。

おわりに

さまざまな機能がカンタン・オトクに利用できる本ソフト。ぜひ利用してみてください!