はじめに

キーボードの配列自体頭の中に居る方も居るでしょう。両手五指使う方も居るでしょう。

筆者は、そんなに器用ではありません。しかし、自分でもっと早くなりたいと思う程に遅いとも感じませんので、タイピングを始めたばかりの方にはオススメの方法を紹介したいと思います。

タイピング上達の極意

まず一日二日なんかでは上達は、まずしませんので悪しからず。しかし文章を打てば打つほどに、上達していくはずです。焦らずに、一年後など長期的な感覚で早くなっていきましょう。

メール・チャットなどで練習しましょう!

練習する時のコツ

遊びでも友達とメールしている時に、自分の脳内で考えた文章を打つ事でだんだんと指先が滑らかに動いていくと思います。またタイピングソフトなどで全く関係ない文章を打つより、語尾が自分の言葉だと片寄るので打つ回数が片寄り慣れやすいと思います。

楽しみ方

リアルタイムでのメールのやりとりや、チャットに関して相手の速度に合わせようと競争性も自然と出てくるのでだんだんと楽しく早くなっていくと思います。

初めての方は、是非ご自身がまだ慣れていない時は打つのが遅い事を相手に伝えて下さい。返信が遅くてイラつく事が解消されると思います。

体験談

チャットを始めたきっかけ

以前、ヤフーゲームにゲームをしながらチャットが出来る場所がありそこで色んな人がチャットをしているのを見る事もありだんだんと自分も書き込み始めたのがきっかけです。

また最近ですと、2ch・ツイッターなどがチャットの変わりにも使えると思います。最近筆者が良く使っているのは、モバゲーです。

おわりに

別に一つ一つキーを間違えないように確認して押す事は、間違いではありません。

むしろ丁寧でいい事だと思いますが、相手が居る時待っている時・ご自身の時間が惜しい方は、少しずつでいいので速さも意識してタイピングして下さい。最後まで読んで頂きありがとうございました。

(photo by http://www.ashinari.com/2012/09/27-370700.php)