はじめに

最近流行のiPhoneやiPad。

存分に活用されている方もいらっしゃるかと思います。

今回は、iPhoneやiPadではなくiPod touchを利用して、通信費を節約する方法を紹介します。

ポイントその1:iPod touchとwi-fi環境を用意する

iPod touchはapple storeや家電量販店で購入することができます。

すでに音楽プレイヤーとしてiPod touchを利用されているかたは、そのまま活用することができます。

wi-fi環境に関しては、イーモバイル、UQ WIMAX、docomoなど様々なサービスが出てきているので、公式サイトで確認して選択してください。

家電量販店で契約すると、公衆無線LANサービスも同時に利用できるようになる場合もあるようです。

イーモバイル 公式サイト

UQ WIMAX 公式サイト

docomo 定額データプラン公式サイト

ポイントその2:インターネット関連のサービス契約を見直す

上記のwi-fi環境があれば、出先でも自宅でもwi-fi環境下でiPod touchやPCを利用することで、webサイトが閲覧できます。

そのため、既存のインターネット関連のサービス(自宅のインターネットプロバイダー・パケット定額サービスなど)は必要なくなるので、プランの変更や解約をすることができます。

おわりに

iPod touchとwi-fi環境を導入し、自宅のインターネットプロバイダーや携帯電話のパケット定額サービスなどの契約内容を見直すことで、通信費を節約しましょう!

ポータブルwi-fi環境を導入するにあたり、電波の問題やバッテリーの問題、契約プランの誤解による高額請求の問題など、問題点も数多く存在しています。
購入される際には、ご自身で情報収集を行った上で十分ご検討ください。