はじめに

2008年のリリースから一気にシェアを伸ばしたウェブブラウザ、Google Chrome。Chromeでの快適なブラウジングのためには拡張機能が欠かせません。今回は数あるChromeの拡張機能の中から、筆者が「便利だな」と思ってよく使っているものを5つ紹介します。

Chromeおすすめ拡張機能5選

1:LastPass

有名なパスワード管理ツールです。マスターパスワードを一つ決めるだけで、ログイン・ログアウトの際のパスワード記憶はもちろん、住所や名前などよく入力する情報も保存できます。パスワード生成や記録されているパスワードの管理なども簡単に出来ます。

他にもパスワード管理ツールはありますが、LastPassはサーバ側に保存したパスワードを全て暗号化している、とうたっていること。SSLでバックアップされているため万が一漏洩しても解読されにくいのが特徴です。

万が一ということもあるため、個人銀行の暗証番号やクレジットカードのナンバーを登録する際は注意しましょう。
公式サイト:LastPass

2:Pocket

気になるサイトをあとでゆっくり読みたい時に、ワンクリックでページを保存できるアプリです。保存したページのデータをダウンロードしておけば、電波の届かないところでもゆっくり読めます。Chrome以外にもFirefox、iPhoneやiPadなどにも対応していますので、いつでもどこでもアクセスできます。

保存されたページはサムネイル有り・無しの一覧で確認でき、わかりやすいです。

3:Speed Dial 2

新しいタブにサムネイル付きブックマークを表示できるアプリです。ブックマークが使いづらいChromeですが、よく訪れるサイトを登録しておけばすぐにアクセスできます。似たアプリは他にもありますが、同じテーマのウェブサイトをグループ化できたり、サムネイルの大きさや並び順を編集できる点、背景や色などのデザインを自由に変えられる点が気に入っています。

サイトを登録するときはページにアクセスし、右クリックで「Speed Dial2>Add current page(またはAdd to group)」で保存すればOKです。

4:Evernote(Google Chromeアプリ版)

ウェブクリップやメモの保存などに役立つEvernote。PC用のデスクトップアプリを使用している人が多いかと思いますが、起動が重いのが難点。ブラウザと画面を交互に見るのが面倒なときはChromeのウェブアプリでも十分使えます。

同期はもちろん、ノートを編集する、マージする、捨てるなどの機能もしっかり使えるのでオススメです。ウェブページをEvernoteに保存するChrome拡張機能「Evernote Webクリッパー」と合わせて使うとより便利です。

HootSuite(Google Chromeアプリ版)

HootSuiteはSNS管理が出来るTwitterクライアントです。TwitterやFacebookなどのSNSに複数登録していても、このアプリ一つでチェックできます。

メンションや送信済みツイートなど自分が確認したい内容を縦のカラムに追加でき、見やすいです。送信ツイートの日時指定や、ランダム送信なども行えます。また、独自の短縮URL生成やアクセス解析などの機能も持ちあわせているので、企業アカウントで使用されることも多いとか。

同じような機能を持つアプリは他にもありますが、使い勝手が比較的良いことと、iPhoneアプリとの連携ができる点・キャラクターの可愛らしさの3点で利用しています。

Twitterに対する機能は充実していますが、Facebookの使い勝手はいまいちかも。(他のSNSは利用していないので未確認です)。

おわりに

Google Chromeはもともとシンプルで軽い動作が人気のブラウザです。そのため、拡張機能をインストールしすぎるとブラウザの動作が重くなってしまうことがあります。自分の使い方に合わせた拡張機能を上手にインストールして、快適に使ってくださいね。

(photo by 著者)