はじめに

壊れては困る携帯電話ですが、機械の不具合や使い方次第で意外と上手く動かなくなるのがAndroidスマートフォンの携帯ですね。

今回は筆者の経験をもとにした対処方法を紹介します。

使用機

筆者の利用しているAndroidスマートフォンのキャリアはドコモで、機種名はP-01Dです。OSのバージョンはAndroid 2.3.4です。

故障内容

症状は充電中画面がフリーズしてしまう事です。

普段の使用ではなりませんでした。この症状が出るのは充電中のみでした。

修理方法

1.症状の確認

まず、たまたまだったのか、何回も症状がでるのか、どんな時になるのか確認しました。

ショップに持ち込んでも必ず確認される内容です。

2.再起動

本体を再起動します。

この作業で解決するトラブルも多いようです。

3.本体を初期化する

初期化によって問題が解決する場合があります。

STEP1

本体設定をタップします。

STEP2

バックアップと復元をタップします。

STEP3

データの初期化をタップします。

STEP4

端末のパスワード確認を行ないます。

パスワードを設定していない場合はここで設定を行います。

STEP5

携帯端末のリセットをタップします。

STEP6

シャットダウン後再起動が始まり初期化の完了です。

工場出荷状態に戻す事になりますので、実行するといろいろな設定がリセットされます。

メーカー修理に出す方法

筆者は携帯ショップで購入したので購入したお店に持って行きました。

店員に預けて症状の確認をお願いしました。症状が確認できましたが購入した携帯ショップでは修理受付が出来ないということでドコモショップに修理に出すことになりました。このお店に預けたのは3日ほどです。

直接ドコモショップなどに持って行く方法もありますが、まずは自分が買ったお店に持って行く方がいいでしょう。

ドコモショップで修理依頼

ドコモショップでは簡易的な検査機械にかけてチェックしてもらいましたが特に異常は見られませんでした。

しかし、何回も症状が発生しているのと、購入したお店でも症状が確認できている為、メーカー修理をお願いしました。もちろん代替え機もお願いしました。

付属品も持って行きましたが、預けるのは本体のみです。

2週間後、預けたドコモショップから本体の修理が完了したとの連絡がありました。

修理内容は本体内部の基板交換していました。保証期間なので費用は無料です。

おわりに

メーカー修理になると基本的に2週間ぐらいは時間がかかるようです。携帯と言ってもスマートフォンは小さなパソコンなので、まずは再起動、次に初期化それでもだめなら修理に出すという手順が良いようです。

(Photo by 著者)