はじめに

iPhoneの魅力は山ほどありますが、難点をあげるとしたらやはりバッテリーの問題ではないでしょうか。設定や使い方次第では多少バッテリーを長持ちさせることが可能ですが、いざという時のために充電器は持ち歩いていたいものです。

「でも荷物が増えるのは嫌…」そんな方におすすめの充電用品がSANYOのeneloop stick booster(エネループ スティックブースター)です。

今回使用しているものの品番はKBC-D1です。

著者のiPhoneは「iPhone4/iOS6.0.1」です

eneloop stick boosterの使い方

STEP1:付属のeneloop(単三形2個)を充電しておく

電池をあらかじめ充電しておきます。

STEP2:電池の充電が完了したら中にセットする

電池をセットします。

STEP3:スイッチを入れる

赤く囲んだ部分が充電を開始させるスイッチです、横にスライドさせ緑色が見えている状態がONです。(写真の状態はON)

このスイッチをスライドさせないと、iPhoneと接続しても充電は開始されませんのでご注意ください。

STEP4:iPhoneと接続して充電開始!

今回はバッテリー残量が30%の状態から充電を開始、10分後には36%、20分後には43%、30分後には50%と順調に充電され、約1時間20分後の82%で充電は終了しました。

こちらのスティックブースターは放電専用なので長時間のお出かけの際は予備のeneloopをもう2個用意しておくと良いかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?著者がこの充電用品を選んだ理由はスティック状なので鞄の中で場所を取らない、持ち運びしやすい、という点でした。

機種やOSによってはきちんと充電されないケースもあるかと思われますので、ご購入される際は必ずメーカーや小売店でご確認ください。

(photo by 著者)