自作PCのメモリの選び方を紹介します。

まず、速度を選ぶ

現在の主流はDDR3メモリですが、その中でも現在多く使われているのは、

  • DDR3-1333 (PC3-10600)
  • DDR3-1600 (PC3-12800)
  • DDR3-1866 (PC3-14900)

の3種類が多く使われています。

DDR3-1333は、当初のIntelから、DDR3-1600は当初のAMD、または 現在のIntel、DDR3-1866は現在のAMDで使用されているメモリ速度です。

DDR3-1600やDDR3-1866対応CPUでも、下位のDDR3-1333やDDR3-1600メモリでも動作しますが、予算があればより高速なメモリにしておくとよいです。

オーバークロックを行なう場合、CPUバスも高速にするために、これらより速いメモリを選択することがあります。

メモリの容量を選ぶ

現在一般的に4Gバイト×2枚で利用することが多くなっていますが、これよりもメモリを使用することが予測される場合には、なるだけ増設に頼らず最初からメモリ容量を増やしておきます。

通常利用では、4Gバイト×2枚の8Gバイトあれば、十分に使用に耐えれます。

メモリを増やしておきたいケースは以下のとおりです。

  • PhotoShop等メモリを非常に使用するアプリケーションを利用する。
  • 多くのメモリを使用するアプリケーションを同時稼働させる。
  • 仮想マシンを多数稼動させる。
  • RAMDISKやディスクキャッシュソフトウェアを有効に利用して、PCをより快適に利用する。

また、メモリは、同一のメモリを利用したい量の半分の2枚セット、または、利用したい量の1/4の4枚セットで利用して、Dualchannel機能を用いて高速にアクセスできるようにします。IntelCPUの場合は、3枚セットでトリプルチャンネル、または4枚セットでクアッドチャンネルで利用できる場合があります。

Dualchannelで2倍速になるわけではなく、実測値は読み込み以外は性能が少しだけ増える程度になります。

メモリメーカーを選ぶ

現在、初心者にお勧めできるメモリメーカーは、Sanmaxです。コストパフォーマンスも良いにも関わらず、きちんとしたメモリのテストの検査工程を行なってから出荷を行なっています。

特に、初心者にお勧めできるのは、SanmaxのDDR3-1600メモリ (4Gバイト×2枚組)です。

Intelの最新CPUのDDR3-1600の帯域に対応している他、AMDのFXシリーズでもDDR3-1866の帯域を必要としない方向けになります。

DDR3-1600の帯域を有効利用するには、BIOSでの設定変更が必要になります。

その他のお勧めメーカーは以下の通りです。

一般利用向けお勧めメーカー

Sanmaxは出荷前に比較的念入りにメモリテストを行なっていますが、ADATA、Kingstonも厳密なメモリテストを行なっており、どちらも安心して利用できるメモリとなっています。

オーバークロック利用向けお勧めメーカー

どちらも通常利用向けのメモリを販売している他、高クロックメモリ (2000MHzや2333MHz)等、通常あまり利用しないオーバークロックメモリを販売しています。オーバークロックメモリとしては比較的設定しやすいので初級者向けではありますが、性質上電圧を高く設定したり、ヒートシンクへの冷却が必要な場合があります。

サポート重視

メモリ製造メーカーではありません。

こちらのメモリは、日本国内によるメーカーのサポートを安心して受けられるメモリではあります。CFDが代理店、バッファローやI-O DATAは販売のメーカーとなります。

その他

通常、自作PCで利用するメモリは、NonECCタイプで、特にメモリ自身が記憶をして、普通にデータを読み出すしか機能のないメモリを利用します。

しかし、ワークステーションやサーバー等では、信頼性高いメモリとして ECC Registed タイプを選択する場合があります。メモリ自身に確認用のメモリを付記して、データが間違っている場合には自動的に元のデータを復帰させる機能がありますが、比較的高価なメモリになります。

非常に大量のメモリを搭載する場合は、ECC Registed タイプでないと利用できない場合があり、また、ECC Registed にはCPUのサポートが必要となります。

おわりに

メモリは自作PCで利用が確認できれば、一般的に長期間安定して利用できるパーツではありますが、それでも何らかのトラブルはあります。

Windows メモリ診断でもある程度原因を特定することができますが、より細かいメモリエラーを確認するために、memtest86+のCDかUSBの起動メディアを用意しておくべきです。

(photo by 著者)