はじめに

自作パソコンは、人それぞれの感じ方でメリットとデメリットがはっきりと分かれます。ここでは要点をあげますので、パソコンを自作する方は参考にしてください。

自作パソコンのポイント

ポイント1: ケース

パソコンを自作する上で、まず考えるのはケースです。ケースの大きさやデザイン、色などさまざまで、好みで選べます。縦置きや横置きもバリエーションが豊富です。

しかし、マザーボードという基板の規格が合わないと使えません。小さいケースになるほどパーツを取り付けるスペースも限られます。

電源部が別売りのケースもあり、その場合は余計にパーツ代がかかります。

ポイント2: パーツ

CPUの性能やメモリの容量など自分で構成できます。無駄なパーツを省き、使用目的や使用頻度に合わせたパソコンを作れます。

また、故障しても本体を交換する事なく、故障したパーツのみを交換することで、余分な費用も抑えられます。

年式が古くなったパーツを取り換えることで、最新パソコンの性能に劣らないパソコンとして持続できます。

しかし、パーツには相性というものがあります。メーカー保証がないパーツもあります。認識せず使用できなくても保証がないので、別のものを買い直すという余分な費用がかかることも。

最近のパーツに動作保証というメーカー保証があるものもありますが、基本は自分で組み立てのため、組み立て中の事故で動作不良の場合は、保証がありません。

ポイント3: ソフトウエア

使用目的のみのソフトウエアをインストールすることで動作が軽いパソコンになります。

余計なソフトウエアなどがインストールされていないため、ハードディスクの空き容量を十分に確保できます。

しかし、OSやOfficeなどは自分で購入し、自分でインストールする必要があります。組み込んだパーツによってはOSが認識せず、自分でドライバーや設定をする必要があります。

OSをインストールするには、ハードディスクのパーティションなどの専門知識が必要になる場合があります。

ポイント4: オプション

モニターやキーボード、マウスを自分で選ぶことで、オリジナルのパソコン環境を整えられます。

カラーやデザインをケースに合わせることで、見た目でもオリジナル環境ができます。

しかし、コネクトが標準規格のものが多く、オプションの接続には変換アダプターが必要になる場合があります。

無線LANの受信機はほとんどの基板には付いていません。Wi-Fi環境でパソコンを使用する場合は、無線LAN受信機のパーツを取り付ける必要があります。

おわりに

自作パソコンには、それなりの知識が必要になります。組み立てから設定まですべて自らが行います。

修理もメンテナンスも自分で行うことになります。前もって準備を行い、万が一のことに備えて最低限の知識を身につけて行いましょう。

(photo by 著者)